post

CROSS STAY Program 前期
CROSS STAY Program

 

前期は、事務局の推薦により、韓国のサウンドアーティスト、イ・デイル(通称デイリー)を招待しました。

実は、デイリーは日本語を話すことができます。しかし、日本語を読むことはできません。「好きこそものの上手なれ」ということわざの定義を基準に考えれば、デイリーは人と話すことが好き、ということになります。アーティスト・イン・レジデンスに滞在するアーティストにとって、現地スタッフや住民とどのようにコミュニケーションをとるか(もしくはそれらを道具としてどう利用するか)は、ライフラインとも呼ぶべき必要不可欠な能力です。デイリーは、そのコミュニケーションを好む持ち前の性格をも自身の表現媒体として作品を制作しているように見えます。

ところでデイリーはサウンドアーティスト(音を素材に作品を作るアーティスト)です。人と話すのがうまいということは、話を聞くことと、話を聞かせることがうまいということ。つまり、デイリーは身体の音の出所である口と、音を拾い集める耳がいいわけです。彼の作品とは、彼のコミュニケーション能力に裏打ちされたコミュニケーションツールであると言えるでしょう。

 

Lee Daeil, a.k.a. Korean sound artist “Daily,” accepted his invitation to become the first resident artist for the Long Stay Program. Daily can actually speak (but not read) Japanese language: in light of his amiability, he is perhaps the epitome of the Japanese idiom, “what one likes, one will do well.” As an Artist-in-Residence, he exhibited this indispensible quality through his focus upon essential questions such as “how can I communicate with local staff and residents?” and “how might I use locals as a resource?” As a result, his inherent sociability itself may be seen as an artistic means of expression in his works of art.

Daily creates art by using sound as his primary material. According to Daily, the gift of communication is actually dependent upon the ability to listen and thoroughly understand another. In other words, it consists of the mouth (the origin point of sound) and the ear (the point at which sounds gather). Thus, one might say that his communication skills contribute to his use of communication as an artistic tool.