post

PPP – Polish Potato Party

FANCLUB(松戸市本町20-10 ルシーナビル7F)

パヴェル・ヅィエミアンをゲストに迎え、ポーランド料理のワークショップを開催。ポーランドの北東部特有の伝統的な料理、ポテトパンケーキとカルタクツという料理の作り方を学びました。

カルタクツはポーランド語で「ぶどう弾(grapeshot)」の意味。これは17~18世紀に用いられたクラスター爆弾の一種で、ボール状のポテトの中に肉が入っている料理です。

〜ポテトパンケーキの作り方〜

1. じゃがいもの皮をむき、流水で洗ってから細かなおろし金ですりおろす。そのじゃがいものかたまりを軽く押しておく。玉ねぎの皮をむき、洗ってからおろし金ですりおろす。

2. 大きなボールで卵を泡立て、すりつぶしたじゃがいも、玉ねぎ、小麦粉、塩、こしょうを加え、ていねいにかき混ぜる。

3. 温めたフライパンに少量の塩をふり入れる。塩がパチパチ音を立て始めたら、それを取り除き、フライパンに油をひく。すりつぶしたじゃがいものかたまりをスプーンにとり、直径10cmの円形に形を整える。両面を黄金色にあげる。仕上がりが薄くカリッとするようにする。

4. 熱いうちにサワークリームを添えてサーブする。砂糖またはこけももを添えてもよいが、その場合はすりつぶす材料の中に玉ねぎを加えない。

 

date : 16th, Feb. 2014

venue : FANCLUB

address : 7th floor of Le Shiina Bld, 20-10, Honcho, Matsudo City, JAPAN.

instructor : Pawel Dziemian