ACTIVITY

ロングステイ・プログラム2015|滞在報告会
LONG Stay Program 2015|Final Presentation

松戸ビル20F 76人 ©加藤甫

黒いペン、紙、時間だけを用いて、都市の街並や建築物を描くポルトガル出身のアーティスト、ヴァスコ・ムラオが、PARADISE AIRでの3ヶ月間の滞在制作の集大成として、作品「Matsudo Perceptions」を発表します。ヴァスコは、住民へのインタビューをもとに緻密な松戸のドローイングを描き、さらにそれをのぼり旗にして町中の屋外空間に展示します。無機質な建築物をモチーフとしながら、そこに宿る人々の思いや暮らしを描き出そうとするムラオの「松戸感覚」を是非ご覧ください。

PARADISE AIR
LONG Stay Program 2015

“Matsudo Perceptions”
by Vasco Mourão

【作品展示】
日程:2016年1月22日(金)〜31(日)
時間:10:00〜18:00
会場:松戸市文化ホール(松戸ビル4F)
※その他、松戸駅周辺でも屋外展示予定
住所:松戸市松戸1307-1
入場:無料(申込不要)

【滞在報告会】
日程:2016年1月24日(日)
時間:15:00〜 開場 / 15:30〜 開演 / 17:30〜 懇親会 / 19:00 閉場
会場:松戸ビル20F(伊勢丹松戸店隣)
住所:松戸市松戸1307-1
ゲスト:毛利嘉孝(東京藝術大学准教授)、堀内奈穂子(ゲストキュレーター)、織原和雄(松戸市副市長)
※松戸市長は都合により出席できなくなってしまいました。ご了承下さい。
入場:無料(申込不要)

プロフィール:
ヴァスコ・ムラオ(美術家)
1979年生まれ、ポルトガル出身。ドローイングを専門とする美術家。黒いペンと紙、そして時間だけを用いて、都市の街並や建築物を描く。小さなサイズの作品から巨大な壁画まで、美術とイラストレーションのあいだを自由に行き来しながら作品を展開。『ワシントン・ポスト』『ニューヨーカー』『ワイヤード』など著名な新聞・雑誌に作品を提供するほか、個人のクライアントのための美術作品の制作などにも取り組んでいる。
http://mistermourao.com

主催:松戸まちづくり会議
協賛:浜友観光株式会社
協力:松戸市、伊勢丹松戸店、ジョーンズラングラサール株式会社、松戸駅周辺商業協同組合、株式会社まちづクリエイティブ
助成:文化庁(平成27年度 文化芸術の海外発信拠点形成事業)

We have an artist form Portuguese for 3 months, and he will show his final exhibition and have a presentation this weekend. He has made a big and intence drawing of Matsudo, and will exhibit in Matsudo Cultural Hall. Also, this time he is making 50 flags and will exhibit at the deck of Matsudo station and Isetan Street. We have a presentation on this coming Sunday, 24th, at 20F of Matsudo Building and it will start 15:00. Please come and see his incredible works!

PARADISE AIR
LONG Stay Program 2015

“Matsudo Perceptions”
by Vasco Mourão

【Exhibition】
Friday January 21st – Sunday January 31st, 2016
Opening time: 10:00-18:00
Venue: Matdudo Cultural Hall (4th fl, on the Matsudo Building), the station deck, and Isetan street
Admission: Free

【Final Presentation Talk】
Sunday January 24th, 2016
Time: 15:00-19:00
Venue: 20th fl. on the Matsudo Building
Guests: Yoshitaka Mohri, Nahoko Horiuchi, Kazuo Orihara
Admission: Free (No reservation required)

Profile:
Vasco Mourao (Portugal, 1979) is an architect turned into an artist with a tendency for obsessive drawing. Only with a black pen, paper and time, he draws cities and other architectural meanderings. Inhabiting a place between fine art and illustration, Vasco works with clients like The New Yorker, The Washington Post, Wired, Domus, Ogilvy, Acura, Established&Sons, etc… as well creating exclusive artworks for private clients.
http://mistermourao.com

Sponsored by : Hamatomo Kanko Co.,Ltd.
Organized by : Matsudo Community Planning Council
Supported by : Matsudo City, ISETAN Matsudo, Jones Lang LaSalle, IP, Inc., Machizu Creative Co.,Ltd.