post

[展示] ミックステープ|メラニー・ヴィンドル
[EXHIBITION] mixtape|Melanie Windl

madlabo 40人

 

 

PARADISE AIR
SHORT Stay Program
展示 “ミックステープ”|メラニー・ヴィンドル

ショートステイプログラムにて松戸に滞在中のドイツ人アーティスト、メラニー・ヴィンドルによる作品”mixtape”の展示を行います。メラニーは、12月の下旬に来日し、東京都が主宰するTokyo Experimental Festival Vol. 10へ参加し、その後東京や札幌などで作品制作を続けています。今回の滞在では、テープを使ったドローイングと、3チャンネルの音響を用いた作品を発表します。

会期:2016年2月28日(日)〜3月31日(木)
会場:MAD LABO 2F(旧・原田米店内)
住所:松戸市松戸千葉県松戸市松戸1874
入場:無料
主催:松戸まちづくり会議
協力:松戸市、株式会社まちづクリエイティブ

プロフィール:
メラニー・ヴィンドル|Melanie Windl
サウンド、ビデオ、彫刻、空間の領域を様々なレベルで組み合わせたオーディオ・ビジュアル・インスタレーションを制作するドイツ人アーティスト。シンプルな素材を積み重ね、マルチ・チャンネルのサウンド合成装置を組み込んだ巨大な生物形態の構造をつくり出す。制作過程においては独自の装置や器具とフィールド・レコーディングやインタビューなどの手法を用いて、身の回りの音世界をリサーチしている。

PARADISE AIR
SHORT Stay Program

During her residency at PARADISE AIR, Melanie Windl will create and exhibit the work “mixtape”, cables and tape-drawing for 3 channel audio and a white wall.

Date:Until the end of March, 2016
Time:12:00~19:00
Venue:MADLABO 2F, HARADA KOMETEN
Address:1874, Mastudo, Matsudo-city, Chiba
Admission:Free
Organized:Matsudo Community Planning Council
Cooperated:Matusdo City, MAD City

Profile:
Melanie Windl
works on the intersection of sound, video, sculpture and space.
Windl merges these various levels to complex audio-visual environments. Simple objects serially assembled form large biomorphic structures. They contain groups of sound-transmitters playing multi-channel audio-compositions. For the composition process Windl creates her own sonic material during research sessions in the sound-lab. The artist also collects field recordings during extensive journeys in different countries of the world. In recent artworks the artist began to integrate different methods of interactivity into her work aiming to hand over the process of compositing to the audience itself. Thereby Windl creates open, inviting and immersive artificial environments.