post

[展示] インタースティシャル|レベッカ・トーマス
[Exhibition]Interstitial|Rebecca Thomas

読書推進センター 2F 研修室

“Interstitial”と名付けられた展示はアメリカで制作した染色したシルクのカーテンと、柔らかい彫刻のようなピローやドローイングなど松戸滞在中に新たに制作したもので構成されました。マルチメディア・アーティストと名乗る彼女。それは、布やドローイング、空間など様々な要素がミックスされた、クロスジャンルな表現方法から来ています。
絵本や児童書が開架されている読書推進センターでの展示には多くの子供たちが訪れました。インタースティシャル=形と形の間、という本展のタイトルを説明せずとも、カーテンの隙間を駆け抜け、ピローを身にまとい、素直に自由に楽しむ子どもたちは今回一番の批評家だったかもしれません。

日時:2016年5月28日(土)~29日(日) 10:00~17:00
会場:読書推進センター 2F 研修室
住所:千葉県松戸市松戸2062
アーティスト:レベッカ・トーマス

“Interstitial” the exhibition by Rebecca Thomas was composed of some drawings, soft sculptures made while staying in Matsudo and silk curtains dyed when her diploma. Its expressive style was mixture of various materials like fabrics, pillows, drawings and spaces, that’s why she’s called Multimedia Artist.
We were pleased to welcome a lot of children to this exhibition because the site was a public library for kids who seemed to be the best critics running through curtains and wearing curious-shaped pillows. They ware able to understand the meaning of “Interstitial” without explanations at all.

DATE : Saturday, 28th ~ Sunday, 29th May, 2016
TIME : 10:00~17:00
VENUE : Matsudo Kids Library
ARTIST : Rebecca Thomas

Article by Moe Fujisue