ACTIVITY

[映像] Hospitable Hosts|タッド・セー
[Animation] Hospitable Hosts|Tad Sare

ショートステイ・プログラムで滞在していたタッド・セーの映像作品が公開されました。アメリカ出身でアニメーションを使った作品制作に取り組むタッドは、日本に滞在した中でGift(贈り物)の文化に興味を持ったと言います。彼の映像作品に度々登場するBriefcase(書類かばん)は中に何が入っているかわからない謎を秘めたモチーフとして描かれますが、同じように中身が見えない贈り物はとてもポジティブな意味も持っています。包装紙でラッピングする様子、風呂敷で包むこと、旅行のお土産、人から人へ物を贈るしぐさ、全てが彼の目には新鮮に映ったそうで、その体験をもとに贈り物をテーマにした映像作品です。協力:八嶋商店、ファミリーマート松戸本町店のみなさま

The animation work by Tad Sare, the resident artist for SHORTSTAY Program, was published on Youtube.During his stay, he got interests in Japanese GIFT culture like wrapping skills, Furoshiki(cloth for wrapping), souvenirs after travel and behaviors to pass gifts each other. In his previous works, he preferred to show a briefcase as a motif describing mystery, so that wrapped gifts are related to this theme in a sense.