ACTIVITY

[展示] ピープル・オブ・パターン|アリア・アリ
[EXHIBITION] People of Pattern|Alia Ali

松戸駅西口デッキ
アリアはオーストリア生まれ、イエメン、ボスニア、アメリカにルーツを持つマルチメディア・アーティスト。これまで80カ国近くの国を旅しながら、各地のテキスタイルを集め、人間のアイデンティティに訴えかけるポートレート作品を制作してきました。松戸での滞在では西日暮里で買い付けた布地を使い、松戸駅西口デッキのイベントステージにて1日限りのインスタレーションを展開。道行く人を驚かせました。
2週間の滞在を終えて旅立った後は、ベトナム・インドでの旅と制作が続いたそうです。PARADISE AIRが旅するアーティストのトランジットポイントであることを強く意識する機会となりました。
Alia is a Yemeni-Bosnian-American multi-media artist and visual storyteller. Through around 80-country traveling, she gathered local textiles and made her work series “People of Pattern” which reflects on the politics and poetics of contested notions surrounding the topics of identity, physical borders, spaces of confinement, and multi-racial identities.  In Matsudo, she made an installation work at Matsudo JR station square using Japanese fabric bought in Nishi-Nippori, the town famous for fabric retails. People walking through looked surprised but took interests in her idea.
After staying in Matsudo, she made a creative tour in Vietnam and India. So that we strongly realized again that PARADISE AIR is a transit point for traveling artists.