post

[展示・トーク] Too Slow To See|プリン・パニチュパン
[EXHIBITION & TALK] Too Slow To See|Purin Phanichphant

松戸市文化ホール(千葉県松戸市松戸1307-1 松戸ビルヂング4F)

“Too Slow To See”
ロングステイ・プログラム 2016
プリン・パニチュパン|滞在制作展&報告会

「地球温暖化」をテーマに3ヶ月間の滞在制作を行ってきた、アーティスト/ デザイナーのプリン・パニチュパン。松戸のみなさんから集めた様々なストーリーやアイディアから着想した、遊んで体感できるインスタレーション作品を制作しました。地球規模の問題に松戸から小さなアクションを。沢山の人が楽しみながら協働することで大きな一歩につなげる展示です。

「滞在制作展|Too Slow To See」
日時:2016年12月16日(金)~18日(日)10:00~18:00
会場:松戸市文化ホール ギャラリー3
住所:千葉県松戸市松戸1307-1 松戸ビルヂング4F
入場料:無料
※ギャラリーツアー:期間中は毎日15時よりアーティストによる解説ツアーを行ないます

「報告会|Artist Talk」
日時:2016年12月17日(土)18:30~21:00
会場:PARADISE AIR
住所:千葉県松戸市本町 15-4 ハマトモビル 5F
入場料:無料
トーク:プリン・パニチュパン
通訳:高根枝里
フード:スナック石井
※無料でケータリングやドリンクもご用意しております

関連イベント① 「MAD ANNUAL 2016」
写真家加藤甫による、滞在アーティストのポートレート写真展を行います。宿場町として栄えた松戸の歴史や伝統を踏まえ、「一宿一芸」をコンセプトに国内外のアーティストを支援するSHORTSTAY Program。本年度は計43組の様々なアーティストやクリエイター、研究者などが松戸に滞在しています。
日時:2016年12月16日(金)~18日(日)10:00~18:00
写真:加藤甫
会場:松戸市文化ホール 国際交流ギャラリー/Too Slow To See会場隣
入場料:無料

関連イベント② キッズプログラム「しろくま図工室」
LEARN Programでは、聖徳大学児童学科大成ゼミにて約3ヶ月に渡ってアーティストがレクチャーや授業を行ってきました。当日はデザイナーとしてプリンが実践してきた「デザインシンキング」の手法をもとに学生たちが考えたオリジナルのワークショップを行います。ワークショップを通じて、子供たちと楽しみながら「地球温暖化」を考える機会をつくります。
日時:2016年12月17日(土)~18日(日)13:00~15:00
参加:聖徳大学大成ゼミ
会場:松戸市文化ホール ギャラリー3前
入場料:無料

“Too Slow To See”
LONG STAY Program 2016
Purin Phanichphant|Exhibition and Final Presentation

In response to the imminent threat of climate change, artist Purin Phanichphant has gathered inspiration from the local people of Matsudo to create new interactive installations, on view at Matsudo Cultural Hall during December 16-18. Audiences are invited to share their personal stories, experience first-hand the atmospheric warming, and connect efforts with each other. Together we will combat this seemingly impossible problem!

Exhibition|Too Slow To See
Date : Friday December 16th – Sunday December 18th, 2016
Time: 10:00~18:00
Venue: Matdudo Cultural Hall Gallery 3
Address : Matsudo Building 4F, 1307-1, Matsudo, Matsudo-shi, Chiba
Admission: Free
Tour : The Artist guides “Too Slow To See” from every 3 pm during the exhibition

Artist Talk&Party
Date : Saturday December 17th, 2016
Time: 18:30~21:00
Venue: PARADISE AIR
Address : Hamatomo Bld. 5F, 15-4, Honcho, Matsudo-shi, Chiba
Admission: Free (No reservation required)
Talk: Purin Phanichphant
Interpreter: Eri Takane
Food: Snack ISHII

Related Exhibition: MAD ANNUAL 2016
Date : Friday December 16th – Sunday December 18th, 2016
Opening time: 10:00~18:00
Photographer: Hajime Kato
Venue: Matsudo Cultural Hall / at the same floor of  “Too Slow To See”
Admission: Free


主催:一般社団法人PAIR、株式会社まちづクリエイティブ
運営:一般社団法人PAIR
助成:松戸市、文化庁(平成28年文化芸術による地域活性化・国際発信推進事業)
特別協力:株式会社浜友商事
協力:松戸まちづくり会議、聖徳大学大成ゼミ
お問合せ先:touch@paradiserair.info

LONG STAY Programとは:
PARADISE AIRでは毎年アーティストを世界中から公募し、滞在制作を支援しています。LONG STAY Programにて招聘されたアーティストは松戸にて3ヶ月間の滞在制作おこない、最終成果として作品発表をするとともに、その課程でまちへ沢山の新しい視座や問題提起を届けてきました。本年度は66の国・地域、296名の応募の中からタイ系アメリカ人アーティスト、プリン・パニチュパンが選出され、10月より3ヶ月間の滞在制作を行なっています。

Organized by : PAIR, Machizu Creative
Operated by : PAIR
Subsidized by : Matsudo City, Agency For Cultural Affairs
Supported by : Hamatomo, Hamatomo Corporation
Countact : touch@paradiserair.info

About LONG STAY Program :
PARADISE AIR invites one or two foreign artists who want to expand their areas of activity internationally for LONG STAY Program. We ask the resident artist to stay and create works in Matsudo, give a presentation to introduce oneself, hold open studios, and give a public interview when the program is over. This year, the LONG STAY Program proposed “START” as the keyword for the open call and Purin Phanichphant has been selected from 296 apllicans of 66 countries and areas.