ACTIVITY

[壁画] アガタ・カザンセワ|Touch of Eternity(永遠の絆)
[Mural Painting] Agata Kazantseva|Touch of Eternity

宮ノ越地下歩道

ロシア・サンクトペテルブルグからやってきたアガタとマリアは、2017年11月の1ヶ月間をかけて松戸駅の南側にある歩行者・自転車専用地下道(宮ノ越地下歩道)にて壁画を制作してきました。

壁画のテーマは、日本とロシアの繋がり。不死や再生の象徴とされ、日本やロシアでもしばしば物語に登場する「鳳凰 / 火の鳥」をモチーフに作品が描かれています。また今回の制作にあたり、2011年に瀧澤潔さんにより描かれた「松戸のためのインスタレーション ―放射能ではなくたくさんの希望の光を―」も、地域のみなさんと一緒に修復を行いました。彼女が描いた日本とロシアのつながりとしての「鳳凰」と「火の鳥」。この街で皆さんの心にそっと触れて、ずっとずっと永遠に、生き続ける作品でありますよう。

この作品は常設公開されていますので、いつでもご覧頂くことが出来ます。

場所:松戸駅南 宮ノ越地下歩道 MAP
入場:無料

インスタレーション修復:
松戸のまちのみなさま
(青木威明、青木恵美子、青木七韻、石井仁美、石田琴音、浮ヶ谷明日香、奥村舞、奥村悠、奥村拓彦、SIGIT MULYANSYAH EFFENDY、菅原愛日凪、菅原愛花里、高橋琴音、中條裕理、藤田祥子、牧野莉子、松岡亜依、藤井健作、藤井智世、藤井智伸、山地里沙)

松戸まちづくり会議
(鈴木征男、田中孝、名和隼男、高橋俊夫、田中爽三郎、石井忠英、塚田章、堀尾眞誠、浮ケ谷俊一、鈴木直樹、神田正昭、宮内明、古川純、赫多幸男、庄司禎、野田也広、松村刀志嗣、江花達也)

特別協力:浜友観光株式会社
助成:松戸市、文化庁(平成29年度 文化芸術創造活用プラットフォーム形成事業)
主催:松戸まちづくり会議、一般社団法人PAIR

Agata and Maria from St. Petersburg, Russia have been working for a public mural painting in Matsudo.  Their work is based on the idea of two fanciful birds bridging between two countries; traditional allegory motifs of Japanese “鳳凰/Hou-ou” and Russian “Phoenix” meaning immortal and rebirth. We are pleased to announce to show its completion and have the Opening Party tomorrow, please feel free to drop by and let’s celebrate the opening together with artists!

Agata Kazantseva|Mural Painting Opening Party
Date : 29th, October, 2017
Time : 17:00-18:00
Place : Underground Pathway “Miyanokoshi Chika Hodo” MAP
Admission : Free