ACTIVITY

[ワークショップ] ルース・セレステ・エスティガリビア
[WORKSHOP] Ruth Celeste Estigarribia

松戸市青少年会館 200

松戸市青少年会館で開催された「アートパフォーマンスまつり」に、
パラグアイから滞在中のアーティスト、ルース・セレステ・エスティガリビアがワークショップで参加しました。
当日は、水彩絵の具を画用紙の上に数滴垂らし、画用紙を動かして偶然生まれるドローイングや、
世界中のコインをフロッタージュという呼ばれる手法で紙に写し取るワークショップを行いました。
さらに、パラグアイ音楽の音楽グループSonrisa(ソンリーサ)も急遽加わり、
普段なかなか聴く機会のない音楽に子供たちも大喜び。
大人も子供も一緒にアートを楽しむ、とても賑やかなワークショップとなりました。

*フロッタージュとは
木の板や硬貨など、表面がでこぼこした物の上に紙を置き、
鉛筆でこすることで、その表面のでこぼこを模様として紙に写し取る手法のこと。

協力:パラグアイ共和国大使館
写真:加藤甫