post

さいたまトリエンナーレ2016 プレイベント マイクロレジデンス・ネットワークフォーラム 2015 MICRORESIDENCE NETWORK FORUM 2015

さいたまトリエンナーレ2016プレイベント「マイクロレジデンス・ネットワークフォーラム 2015」Session 3|地域とAIR~文化の継承、地域資源、社会・市民・アートをつなぐ場づくり にPARADISE AIR  ディレクター森が参加します。


 

国際的な創作活動の場である「アーティスト・イン・レジデンス(AIR)」の現在を知るため、世界中に広がる「マイクロレジデンス」(小規模で質の高いAIR)をテーマとしたフォーラムを開催します。国内外のAIRディレクター、アーティストを招き、アート、まちづくり、教育などの多分野を横断する活動紹介を行い、さいたま市独自のAIRについて考えるとともに、さらなる国際AIRネットワークの発展をめざします。

日時 :2015年11月22日(日)・23日(月・祝)2日間開催
会場:国際交流基金日本語国際センター、岩槻駅東口コミュニティセンター、HomeBase Project SAITAMA 2015会場(※オプショナルツアー)
参加:無料/要申し込み
お申込方法:11月4日(水)10:00~、当ウェブページお申し込みフォームからお申し込みください。
※受付期間を延長いたしました。
パンフレット ダウンロード(PDF 1.9MB)

国際的な創作活動の場である「アーティスト・イン・レジデンス(AIR)」の現在を知るため、世界中に広がる「マイクロレジデンス」(小規模で質の高いAIR)をテーマとしたフォーラムを開催します。国内外のAIRディレクター、アーティストを招き、アート、まちづくり、教育などの多分野を横断する活動紹介を行い、さいたま市独自のAIRについて考えるとともに、さらなる国際AIRネットワークの発展をめざします。
プログラム


DAY1:全体会

日時 11月22日(日)13:00~16:30(懇親会:17:00~)
会場 国際交流基金日本語国際センター(ホール)
参加 無料/要申し込み(逐次通訳)
定員 120名
*フォーラム終了後に懇親会を開催しますのであわせてお申し込み下さい。(主催:AIRネットワーク準備会)※参加費2,000円(予価)を当日会場でお支払い下さい。

[基調講演]
アーティスト・モビリティと文化外交におけるマイクロレジデンスの意義、役割
マリオA.カロ(Res Artis理事、前代表)
世界で最も大規模な国際AIRネットワーキング組織「Res Artis (レザルティス)」は、1993年の発足時から現在まで、さまざまな社会変化がおきる中、持続可能なAIRのあり方を求め、各国・各地域で固有の活動を行うAIR団体、実践者、研究者とのフェイス・トゥ・フェイスのミーティングによる情報交換・交流の場を設け、AIR運営にかかる課題解決と活動の発展に寄与されてきました。世界のさまざまなAIRの状況を見つめ、支援を行ってきたマリオA.カロ氏より、文化外交としてのAIRの役割、特に、世界中に数多く存在するマイクロレジデンスの意義についての考察をうかがいます。

[プレゼンテーション&ディスカッション]
世界のAIR、多様なネットワーキング、文化交流のかたち

Case 1|Microresidence Networkとは~活動事例と今後の展開
村田達彦(マイクロレジデンス・ネットワーク、遊工房アートスペース)
マイクロレジデンス・ネットワークの提唱者である遊工房アートスペースは、東京の杉並区の住宅地を拠点に、日本の独立系AIRの草分け的存在として、国内外のアーティストの活動を支援してきました。現在、マイクロレジデンス運営者間のネットワーキング活動を活発化させ、アーティストおよび運営者の育成と、社会におけるAIRの顕在化に注力されています。欧州文化首都 との取り組みをはじめとしたこれまでの活動と、今後の展開についてお話をいただきます。

Case 2| HomeBase Project アートと社会をつなぐノマド型国際AIR
アナット・リトウィン(HB Project創設者、アーティスト)

「HomeBase(HB) Project」は、アーティストのアナット・リトウィンにより2006年に創設された、非営利の移動型国際AIRプロジェクトです。現代の社会状況の変化により生まれた空き家となった場所をアーティストの 「家」と見立て、一定期間、滞在制作の拠点とし、日常生活におけるアーティスト、芸術の役割を発展させることを目的としています。さいたまトリエンナーレ2016のプレイベント「HomeBase Project SAITAMA 2015」の実施にあたり、HBのこれまでの活動のほか、さいたまでの取り組みについてご紹介いただきます。

Case 3| パフォーミングアーツにおけるAIRの可能性
丸岡ひろみ(国際舞台芸術交流センター理事長、TPAM事務局長)

国際的な流れの中、パフォーミングアーツの分野においてもAIRへの需要が高まる近年、日本でもさまざまな活動が行われています。中でも国内外のパフォーミングアーツにおけるアーティスト、制作者の交流・ミーティングを目的とした「TPAM」の取り組みは、国際交流の プラットフォームとして世界でも最も注目されるプロジェクトのひとつです。なぜ、ミーティングが重要なのか。活動内容とその意義についてご紹介いただきます。


DAY2:分科会&オプショナルツアー

日時 11月23日(月・祝) 分科会:10:00~13:10、オプショナルツアー:15:00~
会場 分科会:岩槻駅東口コミュニティセンター、オプショナルツアー:HomeBase Project SAITAMA 2015会場(人形の東玉社員寮)
参加 無料/要申し込み(逐次通訳)
定員 各セッション40名/総括120名

Session 1|世界の多様なAIRから~マイクロレジデンスの魅力と可能性
マイクロレジデンスの大きな魅力のひとつは、自由でフレキシブルな発想と運営方法にあります。このセッションでは、主にアーティストが主導して行うAIRプログラムのディレクターにより、アートイニシアティブの手法、ネットワーキングの実践者からの事例発表と、AIRの可能性についてディスカッションいただきます。

発表者
エイ・コー(New Zero Art Space/ミャンマー)
ミクリッチ・トノヤン(ACOSS AIR/アルメニア)
テーホー・ハン(Public AIR/韓国)
坂本泉(AIRY/山梨)
飯島浩二(C.A.J AIR/さいたま)
進行 小田井真美(Move arts Japan ディレクター)

 

Session 2|AIRと教育現場との協働、実践~ECoCとの連携とY-AIR構想
マイクロレジデンス・ネットワークでは、次世代を担う若手アーティストの育成のため、教育現場(藝大・美大)とAIRとが連携する国際プログラム「Y-AIR」に取り組んでおり、欧州文化首都事業と連携し、チェコ、プルゼニ市との若手アーティストの相互派遣および、西ボヘミア大学サマーアートキャンプへの学生派遣を行っています。本分科会では2015年度の派遣アーティスト、学生によるプレゼンテーションと、 今後の展望、可能性について議論します。

発表者
三原聡一郎(アーティスト/OPEN AiR)
ミカル・カブ(アーティスト/遊工房アートスペース)
町田久美(画家/「ArtCamp2015」講師)およびArtCamp2015参加学生
進行 辻真木子(遊工房アートスペース)

 

Session 3|地域とAIR~文化の継承、地域資源、社会・市民・アートをつなぐ場づくり
今、地域振興やまちづくりにとって、アートは重要な要素となっています。中でも、地域とアートをつなぐ役割を担い、文化の継承、地域資源の活用を積極的に行うAIRの存在が注目されています。地域が持つさまざまな社会課題に対する取り組みについての事例報告と、これらの活動への期待、今後の地域・まちづくりの展望について語り合います。

発表者
アナット・リトウィン(HB Project)
萩原さとみ(ファーム・インさぎ山/さいたま)
三上清仁(AIR Onomichi/広島)
森純平(PARADISE AIR/千葉)
進行 菅野幸子(国際交流基金コミュニケーションセンター プログラム・コーディネーター)

 

総括|Life×Community×Art:AIRでつなぐ、デザインする私たちの未来
3つのセッションを含む2日間の発表、議論を共有します。私たちが、ひとりひとりの未来を描き生きるため、アートの枠組みを越えた世界での多様なAIRの活動と意義、今後の発展について話し合います。

発表者
小田井真美
辻真木子
菅野幸子
コメンテーター
マリオA.カロ
柴田尚(S-AIR代表、AIRネットワーク準備会)
進行
日沼禎子(さいたまトリエンナーレ2016 プロジェクトディレクター)

 

 

[オプショナルツアー]
HomeBase Project SAITAMA 2015 オープン・ハウスの見学会を行います。
(会場:人形の東玉社員寮)

[資料コーナー]
国内外のAIRプログラム、施設の資料閲覧コーナーを会場に設けます。