post

[トーク] グランドツアー報告会

PARADISE AIR

本年度ゲストキュレーターを務める長谷川新が2017年6月、ヴェネツィアビエンナーレ、ドクメンタ(アテネ、カッセル)、ミュンスター彫刻プロジェクトなど各芸術祭をまわりました。ますます混迷を極めるヨーロッパで、なおも民主主義を、公共を立ち上げようとするその実践の報告会を行います。

なお、本視察のカッセル、ミュンスターについてはゲーテ・インスティテュートのプログラムに参加させていただきました。関係者のみなさまに深く御礼申し上げます。
日時:2017/7/13(木) 19:00~21:00
場所:PARADISE AIR 5F ラウンジ
料金:投げ銭

プロフィール:
長谷川新|Arata Hasegawa
1988年生まれ。キュレーター。京都大学総合人間学部卒業。専攻は文化人類学。2013年から2014年にかけ、大阪、東京、金沢にて開催された「北加賀屋クロッシング2013 MOBILIS IN MOBILI-交錯する現在-」展においてチーフキュレーターを務める。同展は2014年カタログを出版(constellation books)。主な企画に「無人島にて―「80年代」の彫刻/立体/インスタレーション」(2014年)、「パレ・ド・キョート/現実のたてる音」(2015年)、「クロニクル、クロニクル!」(2016-2017年)など。美術手帖にて月評連載中。東京トーキョーアーツアンドスペースにて10-11月に「不純物と免疫」展を開催予定。