post

[ネットワーク] フェスティバル/トーキョー17 参加決定!
[NETWORK] Festival/Tokyo '17

PARADISE AIR

“松戸”のPARADISE AIRが、フェスティバル/トーキョー17(F/T17)に参加することが決定しました!
「新しい人 広い場所へ」がテーマとなる今回のF/T17、メインフィールドである東京から飛び出し、「まちなかパフォーマンスシリーズ」として松戸にやって来ます。PARADISE AIRはその演目の一つである、中野成樹+フランケンズによる『 半七半八(はんしちきどり)』のクリエイションをお手伝いします。ぜひ秋の開催をお楽しみに、続報をお待ち下さい。

フェスティバル/トーキョー17 詳細:http://www.festival-tokyo.jp

We are so pleased to announce that PARADIS AIR is going to participate in “Festival/Tokyo 17”, the biggest performing art festival in Japan. Matsudo city (Chiba prefecture) will be the venue of Half way to Hanshichi by Shigeki Nakano + Frankens from beyond Tokyo area and we will host this challenging program of F/T17. For more details, please follow the news on our website/SNS.

Festival/Tokyo 17: http://www.festival-tokyo.jp/en/


F/T17 まちなかパフォーマンスシリーズ
中野成樹+フランケンズ『 半七半八(はんしちきどり)』
作・演出 : 中野成樹
ドラマトゥルク : 長島 確
原案 : 岡本綺堂『半七捕物帳』より
開催期間:10月6日(金)~ 10月9日(月・祝)
会場:PARADISE AIR、FANCLUB(受付)ほか

古今東西の戯曲を現代に置き換え、新たな作品として生まれ変わらせる演出で知られる中野成樹+フランケ ンズによる新作を発表する。今回は千葉県松戸市にある世界的に知られるアーティスト・イン・レジデンスの PARADISE AIR や、屋内・屋外を問わず松戸市内のいくつかの場所を公演会場として使用する。観客は松戸市 内を歩きながら複数の会場へ行き、観劇する形態になる予定だ。上演される作品の内容は近代日本における時 代小説、探偵小説の傑作といわれる岡本綺堂の『半七捕物帳』をベースにする『半七半八(はんしちきどり)』。様々な謎を松戸市内にどのように忍ばせるのか、中野成樹の演出に期待が高まる。松戸市でのリサーチや滞在を経て、 その土地でしか生まれない上演作品を作り上げる。