NEWS

[コンサート] KUF
[concert] KUF

PARADISE AIR

Stefan GoldmannによるレーベルMacro所属の人気人力ハウス・テックファンク・テックフュージョン・バンドKUFが、
待望の再来日!

日時:2018/6/5(火)19:00~21:00
会場:PARADISE AIR
出演:KUF、大和田俊
料金:1,000円(inc. 1-Drink)※予約不要

KUF (Macro) from Berlin, Germany
今回、2016年以来、待望の来日となる KUFは、Tom Schneider(synthesizer/sampler)、Hendrik Havekost(drums/electronics)、Valentin Link(double bass/moog)による人力ハウス・テクノ・テックファンク系トリオ・バンド。2016年夏、奇才Stefan GoldmannによるレーベルMacroよりフルアルバム“Gold”をリリース。その作品は、ベルリンの有名レコード・ショップHardwaxをはじめ、各メディアで賞賛され、現在、注目を浴びている。

まず、我々が彼等のステージを見て当惑するのは、歌が聴こえるのに、ステージ上にシンガーがいないということである。これはキーボードを演奏するTomが、あらかじめ歌や声をサンプルして用意し、あたかもシンガーが歌っているかのようにリアルタイムで楽曲にミックスすることで可能となっている。そのシンガーのいない歌や声、いわば肉体から分離した抽象的とも言える歌や声を、ValentinのベースとHendrikのドラムが、リアルタイムのまさに人力で、そこにシンガーがいるかのように完全にまとめあげる。まるで魔法のようなこの独特の手法が、大きなKUFのライブの魅力の一つとなっている。ValentinとHendrikのリズムセクションは、長い歴史を持つダーディなファンクやR&Bといったものから影響を受けているが、KUFのグルーヴは、現代的そのものである。言わば、通常、バンドにとって最も心地良いアンサンブルを捨て、現行のダンス・ミュージックのなかでバンドによる可能性を追求しているのである。

大和田俊|Owada Shun
1985年栃木県生まれ。サウンド・アーティスト。音響と、生物としてのヒトの身体や知覚、環境との関わりに関心を持ちながら、電子音響作品やインスタレーションの制作を行なっている。東京藝術大学音楽学部卒業、同大学院美術研究科修了。主な展示に「Tokyo Experimental Festival Vol.9」(トーキョーワンダーサイト本郷,東京,2014)など。同展示で最優秀賞を受賞。

Date : Tuesday, 5th June 2018
Open / Start : 7pm
Venue : PARADISE AIR
Act : KUF、Shun Owada
Admission : 1,000 JPY(inc. 1-Drink)

KUF create emotion-laden dialogues across layers of time and dimensions of sound. Voices recorded in private and in the past are chopped up and brought out center-stage to sing with beats hammered out right here and now. Glowing synths push forward. Basslines rise to grab the melodic role of a track while a vowel is truncated and locked into a grid to drive the rhythm. Voices move within the time frame of a sample, performed by hands pushing keys, guided by the ear, immersed in a trio session’s deep flow… A vortex of quirky hands, responsive ears and glowing circuits. Since Thomas A. Edison first recorded the human voice in 1877, the recording arts have changed music forever. Musicians have explored the endless possibilities of bouncing their input onto layers of tape, off the walls of an echo chamber or the circuitry of electronic helpers that modulate, spatialize, shift, divide or multiply the work of human hands and mouths. An era of sampling offered a cubistic analysis of the recorded past and DJs took dancers onto intricately fractured time travels. This is the historic foundation that KUF keep probing. Just like the sampler and the DJ before them, they found new ways to re-allocate where machine and man stand when making music together. Most importantly, they get sparkling bursts of energy from the resulting friction.

30.05.2018 _ JP _ Tokyo _ KAGURANE
31.05.2018 _ JP _ Tokyo _ BONOBO
01.06.2018 _ JP _ Kyoto _ CLUB METRO
03.06.2018 _ JP _ Osaka _ CLUB NOON
05.06.2018 _ JP _ Matsudo _ PARADISE AIR
06.06.2018 _ JP _ Hiroshima _ ONDO
09.06.2018 _ JP _ Okinawa _ COLORS CAFÉ
12.06.2018 _ KOR _ Seoul _ JACK B NIMBLE
14.06.2018 _ KOR _ Seoul _ CRAZY HORSE
15.06.2018 _ KOR _ Seoul _ NARNIAS CLOSET