NEWS

[グループ展] Use Silence & The Moving Plants
[Group Exhibition] Use Silence & The Moving Plants

MAD City Gallery

日時:2018/06/23(土)-24(日) 11:00-18:00
会場:MAD City Gallery
住所:千葉県松戸市 本町6-8
入場:無料
アーティスト:アーティスト: ティモ・レンツェン、ソニヤ・ボーストナー&ウェンディー・ラウ、ヒンツ・パク
主催:PARADISE AIR
共催:MAD City/株式会社まちづクリエイティブ
助成:文化庁(平成30年度 文化芸術創造拠点形成事業)、松戸市

“Use Silence”
ティモ・レンツェン(ドイツ)、ソニヤ・ボーストナー(オーストリア)

“Use Silence“ はコミュニケーションにおける身振りや手の動きなどに注目した映像作品です。人々の何気ない振る舞いは、その形や姿勢を通じ、言葉を交わさなくても様々なことを物語ります。抑圧を受けて疲れた手の動きなのか、やる気に満ちた活発な手の動きなのか、それらは言葉のように聞くことができます。無意識の身体の動きや身振りにに注目することで、作品を通じ言葉や声にならない表現を探ります。

ドイツ出身のグラフィック・デザイナー/アーティストのティモ・レンツェンと、オーストリア出身のアーティスト/理論家のソニヤ・ボーストナーは、3週間の松戸と東京でのリサーチをもとに、今回の映像作品を制作しました。

“The Moving Plants”
ウェンディー・ラウ(香港)、ヒンス・パク(香港)

自然の生命に終わりはありません。様々な段階を経て姿や形を変え、種から芽になり、育ち、受粉し、そしてまた種になるように、自然は常に循環し続けます。その生命は、それぞれの段階でその美しい表情を見せてくれます。例えば枯葉が地面に落ちるとき、その様子は私たちの心を惹きつけます。一見、それは生命の終わりのようにも感じられますが、枯葉は次の生命のための準備をしているのです。自然と私たちとの間の関係性は、様々な文化的や宗教的視点によって探求される、絶え間なく変わりつづけるテーマのひとつです。

今回、香港出身のアーティストが、日本の盆栽やミニチュアの文化に影響を受け、松戸で見つけた自然の素材とハンドメイド作品をもとにキネティック・アートを発表します。これらは、自然の新しい一面を再発見するため、松戸でのリサーチや地域住民と一緒に行ったワークショップをもとに制作されました。

Group Exhibition|Use Silence & The Moving Plants

Date : Saturday, 23rd – Sunday, 24th June, 2018
Open : 11am – 6pm
Venue : MAD City Gallery
Address : 6-8, Honcho, Matsudo-shi, Chiba
Admission : Free
Artists : Timo Lenzen, Sonja Borstner & Timo Lenzen, Sonja Borstner
Organized by : PARADISE AIR, MAD City
Supported by : Matsudo City, Agency for Cultural Affairs

“Use Silence”
by Timo Lenzen, Sonja Borstner

“Use Silence“ is a video-installation that has its focus on gestures and hand movements as a way of communicating. Everything tells a story through the language of its shape and posture, which can be understood without the use of spoken language. Whether tired hands that are moved by external pressure, or hands that are driven by an internal activeness – they can be heard like words. With an emphasis on unconscious body motions and specific gestures the work draws attention to the unspoken and the unsaid.

During their residency at Paradise Air in Matsudo, Japan, the German graphic designer and artist Timo Lenzen and the Austrian artist and theorist Sonja-Maria Borstner developed their video-installation based on a 3-weeks research in the periphery of Matsudo and Tokyo.

“The Moving Plants”
by UUendy Lau, Hinz Pak

The life of nature somehow never ends. It undergoes replicative stages of different forms and status of existence, looping from seeds, germination, growth, reproduction, pollination and back to spreading seeds. A distinctive, intriguing expression is witnessed during each phase of life. Defoliation, for instance, seems to be more visible and attached to us emotionally when falling off on the ground. We may consider it as the end of its being, or instead a preparation for another stage of being. The relationship between nature and human is thus an ongoing and ever-changing topic to be investigated from various perspectives, cultures and religions.

Inspired by the Bonsai and Miniature Culture in Japan, a kinetic installation juxtaposing the natural materials in Matsudo and the man-made creations from the artists and locals is shown and witnessed. The artwork is a communal project including the participation from Matsudo residents and the artists from Hong Kong to re-examine and re-discover the unnoticed side of nature through public engagement and interactive workshops.