NEWS

[VR] ハイバーベーション #パチンコ
[VR] Hyperbation Pachinko

純喫茶 若松(千葉県松戸市本町18-2)

日時:2018年8月24日(土)・25(日) 11:00-17:00
会場:純喫茶 若松
入場:無料

昔々、六匹の千葉の鬼は、松戸にある純喫茶 若松の倉庫のパチンコに封印されていた。ある日、盆踊りの際、酔っぱらっている来客が偶然に鬼をそのパチンコから解放してしまった。それで力が戻った鬼は逃げて、来客を小さなパチンコ玉に変身させてしまった。

あなたは、ひとりの不運な来客として、そのパチンコ玉をコントロールしながら、六匹の鬼を打たなければならない。最後に、ジャックポット(大当たり)が当たったら、人間として現実の世界に戻れる。

「ハイバーベーション #パチンコ」とは松戸の当地アート活動と日本におけるパチンコ文化に基づいた仮想現実パチンコゲームである。このゲームは空間に関する実験を通して、「Gamification」と「Hyperization」と「Hyperlocalization」の概念を探究することを目的している。

#超驚人 #ハイパーベーション : #PACHINKO #パチンコ from ハイパーベーション on Vimeo.

Date: 25th & 26th, August 2018
Open: 11:00~17:00
Venue: Cafe Wakamatsu
Address: 2F, 18-2, Honcho, Matsudo-shi, Chiba, JAPAN

Long long ago, there were six horrible ghosts in Chiba locked (封印, フウイン) inside an old pachinko machine and stored in the storage room of Cafe Wakamatsu, Mutsudo. One day during the Bon Festival, the drunk visitors accidentally unlocked the pachinko machine. The powerful ghosts escaped and transformed the visitors into small pachinko balls. ”

As one of the unlucky visitors, you need to control the ball to hit the six ghosts as well as the final jackpot to become human again and back to the real world…

Hyperbation Pachinko (超驚人 ハイパーベーション パチンコ) is a VR pachinko game based on Matsudo local art activity and Japanese pachinko culture as part of the ongoing spatial experiment for gamification (超遊戲化), hyperization(超鏈接化) and hyperlocalization(超本地化).