NEWS

[トーク] PARADISE論文発表会
[Talk] PARADISE theses presentation

PARADISE AIR

PARADISE AIRのLEARN Programでは、参加者や滞在アーティストへ様々な学びの機会をつくっています。今回は、PARADISE AIRにゆかりのあるテーマを研究している方を招き、修士論文の発表会を開催します。ぜひお気軽にお越しください。

日時:2018年3月12日(火) 19:00~21:00
会場:PARADISE AIR
住所:松戸市本町15-4 ハマトモビル5F
参加費:無料
発表:小花芳輝、水上颯葵、宮内芽依

発表タイトル:
「アート活動を通じた地域まちづくりの実践と課題に関する研究」
小花芳輝/東京大学大学院 新領域創成科学研究科 社会文化環境学専攻 空間計画研究室(出口研究室)

「日本におけるアーティスト・イン・レジデンスが来訪者と地域に与える効果に関する検討-全国調査およびPARADISE AIRにおける事例研究をもとに」
水上颯葵 /政策研究大学院大学

「The Loft –閉じられて開かれている場:資本主義と快楽主義の間で」
宮内芽依/東京藝術大学大学院 国際芸術創造研究科 リサーチ領域(毛利研究室)

Presentations:
“Practice and Problem of Community Planning through Art Activities”
OBANA Yoshiki

Study on the effect of Artist-In-Residencies in Japan on participants and the region -Based on a national survey and a case study of “PARADISE AIR”
MIZUKAMI Satsuki

“The Loft – The Closed and Open Space:Between Capitalism and Hedonism”
MIYAUCHI Mei