NEWS

[展示] Immersions |Claudia Sinigaglia

文化ホール 国際友好ギャラリー(千葉県松戸市松戸1307-1 松戸ビルヂング4F)

ミラノを拠点に世界各地を行き来し制作を続けるクラウディア、本作品は大都市における現代社会の個人と集団についてのリサーチの一環として制作されました。

社会における「没入」という概念をきっかけに理想や目標といった「夢」など、意識の持つ可能性について示されています。
展示作品は現実逃避、または思考の再構成を可能にする心理的機能を想起させてくれるでしょう。

The exhibition’s works are part of a research which investigates individual and collective behaviors in relation to the urban context, in particular, of big cities.
Focusing on our “full immersion” in the social scene, the whole project aims to reflect on the concept of “dream” as a metaphor of a conscious possibility to create in our mind an ideal situation or a goal to pursue, while, by the other side, it still remains a psychological function to give us a possibility to escape from reality and to re-establish our thoughts.