NEWS

ビ・パラダイス: 公募情報
bi-PARADISE: Opencall

bi-はテキトーなビエンナーレです。

それは予期せぬ場所で、年2回以上開催されます。そしてそれだけでは物足りないのか、既存のアーティスト・イン・レジデンスに感染し、寄生します。bi-は伝染するのです。

bi-は感染するが、目視できない。bi-はわずかな予算しかないが、リアルな経済がある。bi-は一文無しだが、旅はできる。bi-はやって来てはまた去るが、宿を占領する。bi-は生活を伴うが、私的ではない。bi-は私的だが、所有物ではない。bi-は真っ当だが、まとまりがない。bi-は散らかっているが、気は散っていない。bi-はぼんやりとしたキュレーションの方向性しかないが、食にはうるさく、展示会場はないがキッチンがあり、パビリオンを持たず、おそらくこれからもなく、要領の悪い会話をするが、改善されることはなく、一か八かのよくわからない賭けで選考をするが、競争はなく、豪華なカタログはないが、ゆるいPDFデータはあり、数人のスタッフがいて、入場料無料で、古風なウェブサイトがあり、年齢制限はなく、国籍を問わず、性別も問わず、経験は乏しく、訪問者はほとんどおらず、営業時間の設定はないが、不確かな未来がある。

アーティスト・イン・レジデンス

最初、bi-は西ヨーロッパを斜めに走る1950.61kmの測地線で、フランスのフェニステーレ県にある小さな地域テレネと、イタリア南部シチリア島のエトナ山沿いにある小さな村ミーロをつないでいました。私たちはよくこの線を行き来していましたが、今年の夏、上空でその線に切れ目ができ、カンタル連山の標高1100m地点にある村セザンに降り立ちました。そこから穴に潜り、空洞の道を這い進むと、あろうことか地球の反対側にたどり着いたのです。そこは東京郊外の街、松戸でした。
奇妙な私たちに困惑しながらも興味を抱いたのでしょう、PARADISE AIRがかつてホテルだったその扉を開けて、私たちに宿を提供してくれました。
いつものように、bi-は周囲に怠慢という感染の手を広げ、最後の宿から10059.14km離れたこの新しい住処をレジデンスへと作り替え始めました。

ビ はじっくりと伝染し、周囲の環境を模倣します。(PARADISE AIRの場合、元ホテル)

したがって、ビ・パラダイス レジデンスの期間中には、プログラムや、テーマや、指導が課されることはありません。助成金、スタジオ、保険、機材はなく、展覧会も豪華なカタログも取材もありません。あなたに教育的なワークショップや、リサーチや、作品制作をしろと求めることもありません。書類に署名したり、ID番号やパスポートのコピーを提出したり、推薦書や証明書や会社登録番号を求められることも、追加費用、申請費用、頭金を要求されることもありません。

ビ・パラダイス レジデンスでの滞在は無料で、露出を上げることを対価として求めることも、報酬を与えることもしません。ビ・パラダイスはあなたの電話を覗き見したり、Instagramであなたの投稿をシェアしたりもしません (bi-はインスタアカウントを持っていません)。誰もあなたの出入りを見届けず、あなたが誰と、何のために時間を共有したのかを詮索しません。

PARADISE AIR協力の下、すべての食事と飲み物、安全な飲料水と怪しげな空気の漂う施設、それぞれテイストの違うシェアルーム、二つの台所、ジャグジーバス、インターネット、大きなラウンジ、日本の梨、パチンコ台と神社への良好なアクセス、東京へのわかりづらいアクセス(スカイツリー、ディズニーランド、西洋美術館、目黒寄生虫館)、プリンター、遮られて見えない江戸川の眺め、を提供します。

ビ・パラダイスは渡航やビザに関する費用は負担しませんが、外部資金を得るためのインビテーションを発行することは可能です。

オープンコール

レジデンスでは、怠け者のアーティスト、三文小説家、土着の建築家、抽象的な実務家、独学の図書館員、プロのカラオケ歌手、一つの言語しか知らない翻訳家、足の不自由な考古学者、バイリンガルの木工職人、不作法なバレエダンサー、SNS放棄者、左利きのフライト・アテンダント、雇われ詩人、共産主義でポリアモリーのヨガ行者、チャイルディッシュ・ガンビーノ、すべてを後悔している経営者、呪われた保険調査員、不動産屋のロード・ランナー、Xジェンダーのハッカー、アナーキストの弁護士、アーユルヴェーダの強盗団、オーガニック・フェアトレード・パーマカルチャー・地球環境に優しいもの大好きなどもり屋、せっかちなウェイター、ザパティストの原子物理学者、盲目のビデオゲーム審判員、拡張現実逃亡奴隷、失読症の高周波取引アルゴリズム、閉所恐怖症のエレベータースタッフ、魔女とパン職人、サンカラ主義の馬乗り、仕事のない管理人、内部告発者、美容整形、使用されていないドメインなど、8〜12人を募集しています。

松戸での滞在は次の期間中に実施されます:

1021日(月)~27日(日)
1028日(月)~113日(日)

差し迫ったスケジュールと労働環境のため、選考は募集期間中からリアルタイムで行われ、応募は受領後すぐに審査されます。定員に達した時点で募集は終了します。1週間ほどで定員に達することも予想されますので、お早めのご応募をお勧めします。

応募の際は、希望の滞在時期を指定した上で bi-@paradiseair.infoまでメールをお送りください。メールにはファイルを添付しないで下さい(履歴書、ポートフォリオ、企画書、志望動機書、推薦状、申込書、その他ご自身の活動を説明する文書などすべて提出禁止)。

 

免責事項
ここに掲載されている項目や事項は、ビ・パラダイスにより、現在の実務内容、方針、不安定かつ可塑的な未来への希望をもとに作成されている。
1. ビ・パラダイスの活動の一切は旅館・ホテル営業、簡易宿所営業及び下宿営業には該当せず、したがって日本国内における旅館業法に抵触することはない。
2.ビ・パラダイスの最大限の努力にかかわらず、利用者に直接・間接的に経済的またはその他の損失が生じた場合、ビ・パラダイスは一切の責任および義務を負わない。
3. 2に関しては、前項にある免責可能な状態においてもなお、利用者たちとともに、「滞在」することの遍く可能性を模索し続けることについてはこれを拒否しない。

[PDF]ビ・パラダイス公募情報

 


 

bi-

bi- is an improper biennial.

It happens in unpredictable places, more than twice a year. As if not enough, it starts to infect and parasite other artist residencies; bi- is contagious.

bi- is viral but it is not visible. bi- has an imperceptible budget but a real economy, bi- is broke but gets to travel. bi- comes and goes but takes up residence. bi- is a residency but it is not private. bi- is private but it is not property. bi- is proper but not organized. bi- is messy but does care, bi- has a blurry curatorial line but gourmet tastes, has no exhibition venue but a kitchen, no pavilion and probably never will, inefficient communication and not improving, selection with undetectable stakes but no competition, no glossy catalogue but a loose .pdf, few attendants, no entrance fee, an archaic website, no age limit, no nationality, no gender, low experience, rare visitors, no opening hours, a precarious future.

artist residency

At first, bi- was a geodesic line stretching 1.950,61 kilometers across western Europe, a diagonal joining Térénez, a small locality in Finistère, with Milo, a village on the mountainside of Etna. We used to walk this line, but this summer it broke in mid-air and we fell in Cézens, a village sitting 1.100 meters high on the massif of Cantal. There, we entered a cavity, crawled through a hollow path, and in the most improbable way ended up on the other side of the planet. We found ourselves in Matsudo, in the outskirts of Tokyo. Probably being puzzled and intrigued by these strange folks, PARADISE AIR team offered us shelter, opening the doors of their former love hotel.

As usual, bi- started infecting their surroundings with laziness, making a residency out of this new dwelling, 10.059,14 kilometers from its last shelter.

is contagious but discreet, and mimics its surroundings: in this case a former hotel.

Hence, during bi-PARADISE residency you will be imposed no programme, no theme, no tutoring; proposed no grants, no studio, no insurance, few equipment; offered no exhibition, no glossy catalogue, no press coverage. You will be asked no educational workshops, no artistic research, no art production. You will be requested no signature on any record, no id number or passport copy, no recommendation or credentials, no company registration number, no resort or application fee, no down payment.

 PARADISE residency is free of charge and does not accept visibility as a currency, nor will remunerate you with. bi-PARADISE will not peek in your phone nor will share your posts on Insta. bi- does not have an Insta. No-one will see you enter, nor exit; no-one will ask with whom you shared your time, and for what purpose.

Thanks to PARADISE AIR in Matsudo, offers all meals and drinks, facilities with rather safe drinking water and dubious air quality, accommodation in shared theme rooms, two kitchens, whirlpool bath, internet connection, a large lounge area, endemic pears, easy access to pachinko slot machines and Shintoist shrines, meandering access to Tokyo (Tokyo Skytree, Disneyland, Museum of Western Art, Meguro Parasitological Museum), a printer, blocked view on the Edo river.

bi-PARADISE does not cover travel and visa expenses; an invitation to support external funding can be issued.

open call

The residency is proposed for 8-12 idle artists, paperback writers, vernacular architects, abstract practitioners, self-taught librarians, full-time karaoke singers, monolingual translators, limping archaeologists, bilingual woodworkers, ill‑mannered ballet dancers, social‑media deserters, left‑handed flight attendants, employed poets, communist polyamourous yogis, childish gambino, all repentant managers and cursed insurance inspectors, real-estate road-runners, non-binary hackers, anarchist lawyers, ayurvedic thugs, organic-fair-trade-permacultureeco-sustainable stutterers, impatient waiters, zapatist nuclear physicists, blind video-game referees, augmented-reality marroons, dyslexic high-frequency trading algorithms, claustrophobic lift operators, witches and bakers, sankarist horse‑riders, jobless bailiffs, whistle blowers, cosmetic interventions, unoccupied domains, etc.

The residencies in Matsudo will take place during these periods:

21st – 27th of October
28th of October – 3rd of November

Due to the feverish timetable and labour conditions, the selection will be carried out in real time during the open call: the applications will be screened upon receipt. When the capacity is reached, the open call will be closed. We expect that to last roughly a week: therefore we suggest you not to wait too long.

To book, please send an email to bi-@paradiseair.info, specifying a preference for a time slot. The email should contain no attached file (no resume, no portfolio, no project, no motivation letter, no reference letter, no application form, nor any other document explaining the candidate’s practice).

[PDF]bi-PARADISE Open call