NEWS

[トーク]ロングステイ・プログラム2019|ビ・パラダイス 記録上映会
LONGSTAY Program 2019|bi-PARADISE Screening

元映画館

PARADISE AIR LONGSTAY Program 2019
bi-PARADISE 記録上映会
日程:12月8日(日)
時間:18:00-20:00
会場:元映画館
住所:東京都荒川区東日暮里3-31-18 旭ビル2F MAP
参加費:無料

登壇:エンリコ・フロリディア、星野 太、長谷川 新
フード:Teshigoto

ロングステイ・プログラム2019では本年4月の公募から始まり、7〜8月のリサーチ滞在、10月からは本格的な滞在をおこなってきました。「bi-PARADISE 記録上映会」では今回の滞在の様子を切り取った記録映像を上映し、滞在アーティストのエンリコ・フロリディアとともにその内容を振り返るトークを行ないます。

10月からの滞在中、アーティスト・グループ「bi-」はPARADISE AIRの建物内で彼ら独自のアーティスト・イン・レジデンスを開く「bi-PARADISE」を試みました。
「bi-PARADISE」では滞在者にアーティストであることや制作をすることを要求せず、“旅人がひととき集まり生活する”ことにフォーカスし、共同生活をおこなう中で生まれる小さなイベントや毎日の食事を大切にしてきました。そこではPARADISE AIRのスタッフは極力介入せず、滞在者の募集や滞在プランも「bi-」独自のものとすることで、PARADISE AIRでありながらPARADISE AIRではない、不思議な時間が流れる2週間となりました。
今回のイベントでは「bi-PARADISE」があらためて気づかせてくれた、レジデンスの可能性や日常の中にあるクリエイティビティを紐解きます。

LONGSTAY Program 2019公募テーマ “Unknown Pleasures”
アンノウン・プレジャーズ——今回、PARADISE AIRのロングステイ・プ ログラムの選考に加わることが決まって以来、このジョイ・ディヴィジョンの1stアルバムのことを繰り返し思い出していました。わたしはアーティストではなく、何らかのかたちでアートを生業としている人間でもありません。それでも、わたしがアートやアーティストと呼ばれる人たちとたえず関わりを持ちつづけてきたのは、彼らとの関係のなかでさまざまな「知られざる喜び(Unknown Pleasures)」を見いだすことができたからにほかなりません。「すべて」に開かれた人ではなく、そうした密かな喜びを共有できる、孤独な他者との出会いを期待します。

星野太(2019年度ゲストリサーチャー)

 

[クレジット]
主催:一般社団法人PAIR
助成:松戸市、2019年度 文化庁 文化芸術創造拠点形成事業
特別協力:株式会社浜友商事
協力:イタリア文化会館、ゲーテ・インスティトゥート東京、松戸まちづくり会議、一般社団法人松戸市観光協会、omusubi不動産
認定:公益社団法人 企業メセナ協議会