NEWS

[展覧会] Taka Kono個展「noomoon」
[Exhibition] noomoon

セザール松戸 1F

Taka Konoの個展「noomoon」は、身体と空間の在り方を考究するいくつかの作品で構成される。擬態する作品たちに加えて、無地の衣服と科学捜査に用いる薬品、屠殺場で採取した動物の血液を希釈したものが会場に用意されている。観客はその場で、中身のない服を染めることができる。

Taka Kono個展「noomoon」

アーティストによるメモ:

ニューヨークで出会ったとても尊敬している人が、地理的に離れたところに暮らす恋人たちについてのひどくセンチメンタルな話をしてくれたことがある。その二人は、毎晩月の写真を互いに送り合うのが唯一の対話の手段なのだと。後に彼の作品を見せてもらったとき、二重になった海岸の映像が同期されずに重なり合うのを前に、ほんの一瞬その恋人たちのことを理解したような気がした。

最近は、短い月の映像を毎晩アップロードしている。撮ろうとしているのは、子どもが初めてビデオをアップロードして何年か後に出会い直すまで忘れてしまっているような映像。その間、月の像は眠りにつき、まれに誰かが通りかかってビデオを、そしてもしかすると月を、目覚めさせるかもしれない。「もしかすると」 と言うのは、月はすぐ姿を引っ込める性分だと気づいたからだ。ほとんどの夜は街が月を隠し、その他の夜には雲の後ろに隠れる。結局私は、少なくともカメラのレンズが遠い彼方の月に向いていることを願いながら、夜空を撮影することになる。二週目に入るころには、月は自分が撮影されることなんて、ましてやインターネットにアップロードされるなんて、どうでもいいのだと確信した。

日程:2020年1月18日(日)~2月9日(日)​13:00 – 18:00 (木,金,土,日)
会場:セザール松戸 1F
住所:千葉県松戸市根元3-12 1F
料金:入場無料

 

taka kono’s exhibition ‘noomoon’ comprises a number of works that investigate the states of being of bodies and space. alongside cryptic works, the artist has built a facility equipped with blank dresses, forensic chemicals prepared in a laboratory, and diluted solutions of animal blood from the slaughterhouse; where viewers are invited into the space to color empty garments.

taka kono’s exhibition ‘noomoon’ 

notes from the artist:
someone i met in new york, who i greatly admire once told me an over-sentimental story about lovers who were geographically separated from one another and exchanged photos of the moon every night as their only means of communication. though later when he showed me a work of his where a video footage of a shore was duplicated, then overlapped unsynchronized, for a second i thought that maybe i had understood them. recently i have been uploading a short video of the moon every night, trying to create a video like that of one a child uploads for the very first time and forgets it exists until it is revisited some years later. during that time the image of the moon would sleep, and on rare occasions someone would stop by and realize the video and perhaps the moon. i say ‘perhaps’ because i
have noticed the moon has a tendency to withdraw. on most nights the city hides the moon, and on other nights the moon hides behind the clouds. eventually i end up filming the night sky hoping that my lens is at least facing some other distant moon. by the second week, i am convinced the moon does not care to be filmed, let alone be uploaded on the internet.

Date : 18th January, 2020 – 8th February, 2020
Open : 1pm – 6pm (Thu,Fri,Sat,Sun)
Address : 3-12, Nemoto, Matsudo-shi, Chiba
Address : Hamatomo Bld. 5F, 15-4, Honcho, Matsudo-shi, Chiba, JAPAN
Admission: Free