LONGSTAY Program 2019

LONGSTAY Program 2019

Selection Result

This year, we have received 605 applications from 80 counties/areas. As a result of the final judgement, we have decided to invite following 3 artists for the LONSTAY Program 2019.

Enrico Floriddia
Artist, Researcher, Photographer, Scholar, Publisher, Archaeologist / Born in Sicily (Italy), based in Paris

Angeliki Tzortzakaki 
Independent Writer and Curator / Born in Greece, based in Amsterdam, Netherlands

Jérôme de Vienne
Conceptual Artist / Born in France, based in Clermont-Ferrand and Paris

We would appreciate all the applicants who had interests and spent their time for us.
Big thanks to you from Matsudo!!

Team PARADISE AIR

 

Open Call Introduction

People traveling out of Edo – or Tokyo, as it is known today – would first cross the Edogawa River and find themselves in Matsudo. The city has also served as an important transit point for people heading to Edo/Tokyo from places outside the city, including Narita Airport. Over the centuries, it seems that this unique geographical trait fostered a warm-hearted and open-minded spirit in Matsudo, a spirit that embraces the comings and goings of others. It is in such an environment that PARADISE AIR runs its residency programs, which invite artists, curators, researchers and other bright minds from across the globe. Its six years of activity have seen a wealth of artistic activities and experiences occur right here in the city of Matsudo.

This year, we have invited Futoshi Hoshino as the program’s guest researcher, who will be accompanying the artists on their residency. The theme of the open call is “Unknown Pleasures.” Also, the term of the residency will be divided into two parts – Research and Creation – which will hopefully offer artists a chance to observe and engage with the city in more depth. We look forward to receiving all your applications.

More information about activities of PARADISE AIR
http://paradiseair.info/activity

More information about Matsudo City 
http://www.city.matsudo.chiba.jp/InternationalPortal

Theme

“Unknown Pleasures”

Ever since I was invited to be on the selection committee for PARADISE AIR’s LONGSTAY Program, I have been thinking about “Unknown Pleasures,” the title of Joy Division’s debut album. I am neither an artist nor someone making their living in the arts – my own line of work is philosophy. But I have always been involved with art and with artists, because of all the “unknown pleasures” that they have shown me. I hope to meet on this program not those who are necessarily “open to all,” but those who are able to share such secret pleasures with us in Matsudo.

Futoshi Hoshino (2019 Guest Researcher)

Overview

Application period:
April 1 (Mon) – April 30 (Tue), 2019

First Screening by:
PARADISE AIR Coordinators
Arata Hasegawa (Independent Curator)

Second Screening by:
Futoshi Hoshino (2019 Guest Researcher)
Arata Hasegawa (Independent Curator)
13:00~17:00, 20th, May, 2019

Final Judgement by:
Futoshi Hoshino (2019 Guest Researcher)
Vasco Mourao (Resident Artist for the LONGSTAY Program 2015)
Tomoo Goto (Hamatomo Co., Ltd. / Building Owner)
Naoko Horiuchi (Curator, Arts Initiative Tokyo)
Makoto Horio (Matsudo Community Planning Council)
Hiroyuki Shirai (Matsudo City Hall)
15:00〜17:00, 2nd, June, 2019

Residency period:
[Research] July 30 (Tue) – August 3 (Tue)
[Creation] October 15 (Tue) – December 15 (Sun)

 


 

 

選考結果

80カ国/地域から605件の応募が集まったロングステイ・プログラム2019。
公開最終審査を終え、本年は以下の3名を招へいすることを決定致しました。

エンリコ・フロリディア
アーティスト・リサーチャー・写真家・学者・出版者・考古学者 / シチリア(イタリア)出身、パリ在住

アンゲリキ・ゾルザカキ
作家・キュレーター / ギリシャ出身、アムステルダム在住

ジェローム・ドゥ・ヴィエンヌ
コンセプチュアル・アーティスト / フランス出身、クレモン=フェラン・パリ在住

 

本年もたくさんのご応募をありがとうございました。松戸より皆様へ、感謝の気持ちが届きますように。

PARDISE AIR チーム

 

はじめに(公募文より)

東京/江戸から来る人たちが江戸川を越えて最初にたどり着く街、松戸。そこは、成田空港をはじめとして外から東京へと訪れる人たちにとっては、重要な「トランジットポイント」でもあります。他者の往来を許容する、懐深くしなやかな松戸の精神は、こうした地勢的な特異性において、時間をかけて培われてきました。そんな松戸のアーティスト・イン・レジデンス「PARADISE  AIR」では、国内外を問わず、アーティストやキュレーター、リサーチャーなどを幅広く募集、招聘しています。プログラム開始からこれまでの6年間で、松戸のまちにはさまざまな経験や活動が蓄積されてきました。

今年のLONGSTAY Programではアーティストと併走してくださるゲストリサーチャーとして、星野太さんをお招きしました。公募テーマは「Unknown Pleasures」です。また滞在期間をリサーチとクリエイションの二期にわけ、これまで以上に深く街を観察し入り込める機会を提供します。あなたの応募をお待ちしています。

More information about activities of PARADISE AIR
http://paradiseair.info/activity
More information about Matsudo City 
http://www.city.matsudo.chiba.jp/InternationalPortal

プログラムテーマ

“Unknown Pleasures”

アンノウン・プレジャーズ——今回、PARADISE AIRのロングステイ・プ ログラムの選考に加わることが決まって以来、このジョイ・ディヴィジョンの1stアルバムのことを繰り返し思い出していました。わたしはアーティストではなく、何らかのかたちでアートを生業としている人間でもありません。それでも、わたしがアートやアーティストと呼ばれる人たちとたえず関わりを持ちつづけてきたのは、彼らとの関係のなかでさまざまな「知られざる喜び(Unknown Pleasures)」を見いだすことができたからにほかなりません。「すべて」に開かれた人ではなく、そうした密かな喜びを共有できる、孤独な他者との出会いを期待します。

星野太(2019年度ゲストリサーチャー)

概要

公募期間:2019年4月1日(月)〜4月30日(火)

一次審査
審査員:
PARADISEAIRコーディネーター
長谷川新(インディペンデントキュレーター)

二次審査
日時:5月20日(月)13:00~17:00
審査員:
星野太(哲学者/金沢美術工芸大学講師)
長谷川新(インディペンデントキュレーター)

最終審査
日時:6月2日(日)15:00〜17:00
審査員(予定/五十音順):
ヴァスコ・ムラオ(LONGSTAY Program 2015招聘アーティスト)
後藤智生(株式会社浜友商事)
星野太(哲学者/金沢美術工芸大学講師)
堀内奈穂子(NPO法人アーツイニシアティヴトウキョウ[AIT/エイト]キュレーター)
堀尾眞誠(松戸まちづくり会議会長)
白井宏之(松戸市経済振興部文化観光国際課長)

招へい期間:
[リサーチ]2019年7月30日(火)〜8月13日(火)
[滞在制作]2019年10月15日(火)〜12月15日(日)のうち2ヶ月間