PEOPLE

ジョー・ルイス
JOE LEWIS

ジョー・ルイスは、特定のメディアにとらわれないアーティストで、おもにプロジェクトごとの性質に基づいた作品づくりをしています。プロジェクトに取りかかる時には決まって、対象の領域を可能な限りじっくり調べます。多くの場合波のように、日々の出来事をかき分けて、まるでパンプローナの牛が群集を駆け抜けてくる様にイメージは訪れます。人と場所、物が、ルイスの生み出す画や物体や音を取り囲み、時にもうすぐ起こる何かを予感させます。「未来を予見することは難しく無い」と、ルイスは考えています。
「問題になのは、受け入れることだ。今ここで起こした行動によって、人生が変わるかもしれないことを受け入れられるかどうか。突拍子もない一言や、ちょっとした雰囲気がきっかけで、カーテンが開いて先が見える時がある。それは、現在という時も、未来と同じように、いくつものイメージの集まりに過ぎないからだ。適当なイメージではない、自分達の過去をきちんと並び替えてできた、イメージの集まりだ。」

Joe Lewis is a non-media specific artist, and his work is usually project based. Typically, when he starts a project, he explores the subject territory as thoroughly as possible. Sometimes images come to him in waves, often pushing through the news of the day as the Bulls in Pamplona run through life’s textures. People, places, and things circumscribe his marks, objects, and sounds occasionally allowing him to see around corners. He believes, “looking into the future is not difficult. The problem is acceptance; accepting that lives can change due to actions done in the here and now. At times it’s just an errant word or aroma that lifts the curtain, because the present, as our future, is nothing more than multiple images; not just any images but the ordered relocation of our past.”