people

ソーコーン
SOOKOON ANG
artist

スークーンはシンガポールとフランスを拠点にするアーティストで、記念碑的ともいえる一連の作品を丁寧に、継続的に制作をしています。一見正反対に思える物質やアイデアの集合体は、深い意味を持った解釈の層となって、観客が自身の感覚を投影させるよう訴えかけます。
スークーンは、スクール・オブ・ビジュアルアーツ(ニューヨーク)で彫刻を専攻後、アムステルダムのライクスアアカデミーでレジデンシープログラムに参加。近年は、オブジェクティフ(シンガポール、2016年)、パレ・ド・トーキョー(パリ)、アート・バーゼル(香港、2014年)、シンガポール・ビエンナーレ(2013年)などで、主な展示を行いました。

Sookoon Ang lives and works in Singapore & France. The artist has constantly and precisely built a body of work that can be described as monumental. The association of seemingly contradictory materials and ideas produces meaningful layers of interpretation and constantly invite the viewer to project his/her own. Ang majored in sculpture in School of Visual Arts, New York and participated Rijksakademie Residency in Amsterdam amongst others. Recent major exhibitions include Objectifs, Singapore (2016), Palais de Tokyo, Paris; Art Basel Hong Kong (2014); Singapore Biennale (2013)