PEOPLE

ジュディス・ゴーズミット
JUDITH GOUDSMIT
filmmaker

オランダ人でニューヨークを拠点に活動する、映像作家・パフォーマー兼脚本家。アムステルダムのOverHetIJ(アイ湾舞台芸術フェスティバル)やニューヨーク国際フリンジフェスティバルで発表された劇やパフォーマンス、劇場などの場で活躍しています。ゴーズミットの脚本は、これまでオランダ制作会社数社によって映像化され、国内の映画館や国際的なフィルム・フェスティバルで上映されました。最新作は、リンダ・メイヤーと共に監督を務めたアート・フィルムで、2月のカイロ・ビデオフェスティバルでの上映が予定されています。今までも、レジデンシープログラムでは、ノルウェーのArctic Circleやルーマニアの老人ホームMoses Rosen、ニューヨークのAbrons Art Centerなどで作品を作り、テート・モダン(ロンドン)やアムステルダム市立美術館で展示されたティノ・セーガルの作品にも、パフォーマーとして数回参加してきました。

『貸し俳優屋』プロジェクトについて
「貸し俳優」というサービスを無料で提供する架空の代理店を開設する、アートプロジェクトを計画中。シナリオと設定にそって演技してくれる俳優を手配することができます。人見知りする女性は自分の分身を、50代で子どもがいない女性が娘のような存在を、年配の男性は過去の親友を、注文するかもしれません。そんな出会いをカメラに収めていきます。

Judith Goudsmit is a Dutch filmmaker, performer and playwright, based in New York City. She has worked on plays and performances shown at festivals such as Over ‘t IJ in Amsterdam, and Fringe New York, as well as theatres and site specific locations. Her screenplays have been produced by several Dutch production companies and were shown in movie theatres in Holland and film festivals all over the world. Her latest art film, which she co directed with artist Linda Mayer, will be shown at the Cairo Video festival in February.  She has produced works at residencies such as Arctic Circle Residency, Moses Rosen elderly home residency in Bucharest, and Abrons Art Center in New York, and was a performer in several of artist Tino Seghal’s works at Tate Modern in London, and the Stedelijk Museum in Amsterdam.