PEOPLE

アガタ・カザンセワ
AGATA KAZANTSEVA
artist

ロシアのサンクトペテルブルク出身。サンクトペテルブルク国立文化芸術大学モニュメンタルアンドデコラティブペインティング学科卒業。歴史的建造物のモニュメント、モニュメンタルペインティング、デザイン、スタッコモールディング、メッキなどの修復と保存を専門とする。文化遺産の保存を行い、さまざまな修復技術を研究・模索するかたわら、そこから得た知識を自身の現代アートに応用している。演劇や映画のプロジェクト、アートパフォーマンスに装飾家として参加するほか、インテリア/エクステリアデザインを手がけている。アーティストのクリエイティブネットワークLASTOCHKA ART studio(www.lastochkaart.com)の創設メンバー。
「20-21世紀のロシア・アヴァンギャルド」展(スイス/ジェノバ)、「BIOWOMAN」国際展 (ドイツ/ケルン)、現代アートビエンナーレ「Manifesto 10»」(ロシア/サンクトペテルブルク)など、ロシア国内外の展覧会に数多く参加し、作品はプライベートコレクションに加えられている。

 

Agata Kazantseva was born in St. Petersburg, Russia. She graduated from Saint Petersburg Stieglitz State Academy of Art and Design, Department of Monumental and Decorative Painting. She focuses on restoration and conservation of historical architecture monuments, monumental painting, design, stucco molding, gilding, etc.. While researching and exploring different restoration techniques during the conservation of cultural heritage sights, she tries to apply the acquired knowledge in her contemporary art. She worked as a decorator for theater and cinema projects, art performances and does public and private interiors/exterior design. She is one of the founders and a member of the LASTOCHKA ART studio – creative association of artists (www.lastochkaart.com).
Agata is a frequent participant of Russian national and international exhibitions such as Russian Avant-garde of the XX-XXI centuries (Switzerland, Geneva), BIOWOMAN international exhibition (Germany, Cologne), Biennale of Contemporary Art “Manifesto 10» (Russia, St. Petersburg), etc… Her works are presented in private collections.