PEOPLE

アリシヤ ・ロガルスカ
ALICJA ROGALSKA
artist

ロンドンを拠点に国際的な活動を展開するアーティスト。リサーチを軸に、様々な領域を横断しながらコラボレーションを行い、社会の構造や日常に内在する政治的要素に注目した作品を制作。主に、ある特定の文脈における状況、パフォーマンス、映像、インスタレーションなどを創作する。彼女のプロジェクトは、今・ここにおいて異なる政治的リアリティを実践し、様々な声が人々の耳に届き、共存できる空間を創造することを試みる過程で、未来への解放のためのアイデアを共に探っていくものである。イギリス、ゴールドスミス・カレッジにて美術修士号、そしてポーランド、ワルシャワ大学の文化研究にて修士号を取得。これまで参加したアーティスト・イン・レジデンスに、ミュージアム・クォーター(2018年、ウィーン)、IASPIS(2017年、スウェーデン)、ミート・ファクトリー(2016年、プラハ)、国立コロンビア大学(2014年、ボゴタ)、イギリス国立美術館(2011-12年、ロンドン)などがある。また2013-14年にはベイルートにあるAshkal AlwanのHome Workspaceプログラムに参加。ロンドンArtsadminのBursary受賞者(2016-17年)でもある。

Alicja Rogalska is an artist living in London and working internationally. Her practice is research-led, interdisciplinary, collaborative and focuses on social structures and the political subtext of the everyday. She mostly works in specific contexts creating situations, performances, videos, and installations. Her projects attempt to practice a different political reality here and now, create space for many voices to be heard and to co-exist, whilst collectively searching for emancipatory ideas for the future. Alicja graduated with an MFA in Fine Art from Goldsmiths College and an MA in Cultural Studies from the University of Warsaw. She was artist in residence at Museums Quartier in Vienna (2018), IASPIS in Stockholm (2017), MeetFactory in Prague (2016), National University of Colombia in Bogota (2014), Tate Britain (2011-12), attended the Home Workspace programme at Ashkal Alwan in Beirut (2013-14) and was an Artsadmin Bursary recipient in London (2016-17).


“What If As If” (2017, video)


“Tear Dealer” (2014, public art project, multi-channel video installation, human tears)


“Our Friends’ Jobs” (2016-2017, performance, song, video)


“Precarious Workers’ Monument” (2015, performance)