PEOPLE

オランジのベルベト
ALIX LE GROUYELLEC

フランス出身。ベルギー・ブリュッセルを拠点に活動するパフォーマンス・アーティスト。2015年にベルギー国立ラ・カンブル国立美術学校を修了し日本へ初来日した。映画「ブレードランナー」の世界観に影響を受け、日本のSFロボットをモチーフに、映像やパフォーマンスなどの領域横断的な作品を作り続けている。彼女の主なプロジェクトJRipato Corp.では、Johny Ripatoという日本の女性経営者が、様々なロボット(AutomatiX :営業ロボット、Miss Machine:受付専用ロボット、Orange Velvet:日本のアイドルロボット)を用いてサービスを提供するという設定。このプロジェクトは映像や展示、ライブパフォーマンス、グッズなど様々なかたちで展開されている。2014年のプロジェクト開始以来、日本やベルギー、フランスなどの10組以上のアーティストとコラボレーションを行っている。

Alix Le Grouyellec arrived in Belgium from France in 2010 to study in La Cambre visual art school based in Brussels. She obtained her Master degree in 2015 and made her first trip to Japan the same year. She developped a pluridisciplinary art project drawing a japanese robot fantasy inspired by Isaac Asimov universe, Blade Runner and extensively the relationship we try to create with new technologies and robots. Her project is name JRipato Corp., a robot factory run by Johny Ripato, a japanese business woman. This factory provides robot services and different robot models: AutomatiX is a selling robot, Orange Velvet is a Belgium-Japanese pop idol, Miss Machine is a welcoming hostess. Every time the robots lives, a new page of the story is written. It takes the form of performances, exhibitions, sound live, parties, goodies, videos, photography, silkscreen printing. This project began in 2014 with Alix’s own initiative and it’s now a collaborative project with more than 10 artists based in France, Belgium, Japan. This project travels alot, it receives as much success in Belgium than in Asia and is accessible to all kind of audiences.