people

エフゲニア・エメツ
EVGENIA EMETS
artist / poem

profile

エフゲニア・エメツ

主に音楽・言葉・詩・絵で構成した作品を制作する、詩人でアーティスト。インスタレーションとパフォーマンスを通じ、人の認識の境界線はどこにあるのか、観る者が自身に問いかけたくなるような体験へと導く。その視覚的な作品の多くは黙想的で、自らを見つめなおす機会を与えてくれる。エフゲニアの「音波の探究」作品においては、声が重要な役割をはたしている。

1979年ウクライナ(旧ソ連)のポルタヴァ出身で、ロンドンを拠点としている。ロンドンの芸術大学、セントラル・セント・マーチンズにて美術の修士号を取得し、2008年に卒業。アート・コラボレーションを目的とした集団『Analema(不規則な変化) Group』を2010年に創設し、アート・ディレクターを務めている。

 

Evgenia Emets is a poet and artist with sound, word, poetry, drawing being the primary elements of her current work. Through installations and performances Evgenia creates experiences, which invite the audience to question the boundaries of perception. Her visual artworks are most often created in a contemplative manner, to invite self-reflection. Evgenia’s sonic explorations are focused on working with voice as the primary tool.

Evgenia was born in 1979 in Poltava (Ukraine, USSR) and is based in London.  She graduated with an MA in Fine Art at Central Saint Martins College of Art, London in 2008. She is also Artistic Director and founder of the Analema Group, which emerged in 2010 for the purpose of art collaborations. www.evgeniaemets.vision