PEOPLE

フロレンシア・ロドリゲス・ヒレス
FLORENCIA RODRíGUEZ GILES
artist

1978年アルゼンチン・ブエノスアイレス生まれ、在住。2002年ブエノスアイレス国立芸術大学卒業。2010-12年にスカラシップを受け、トルクアト・ディ・テラ大学(ブエノスアイレス)にて視覚芸術におけるプロジェクトの分析および開発を学ぶ。主な展覧会に、「Círculos en movimiento」(MAMBA Museum of Modern Art of Buenos Aires, アルゼンチン, 2013)、「Il va se passer quelque chose」(Maison de l’Amérique Latine, パリ, 2012)などがある。日本での活動には、バッカーズ/エイト レジデンス・プログラム(2009)、原美術館での「ホームアゲイン – Japanを体験した10人のアーティスト」(2012)、)、ARCUS Project 2014いばらき レジデンスプログラム(2014)への参加などがある。絵画、インスタレーション、パフォーマンス、写真、映像と多彩なメディアを融合させた制作をおこなっている。夢や幻想といったものを通して、社会の中の儀礼や宗教的な習慣などの持つ意味を探求する。ラテンアメリカを中心に世界各地で活動している。

Born in Buenos Aires, Argentina in 1978. Lives and works in Buenos Aires.
In 2002, Florencia Rodriguez Giles obtained her M.A. in painting at the National University Institute of the Arts, Buenos Aires. From 2010 to ’12, she studied Analysis and Development of Projects in Visual Arts under a scholarship at Universidad Torcuato Di Tella, Buenos Aires. Her major exhibitions include “Círculos en movimiento” (MAMBA Museum of Modern Art of Buenos Aires, Argentina, 2013) and “Il va se passer quelque chose” (Maison de l’Amérique Latine, Paris, 2012). Her activities in Japan include participation in the Backers Foundation and AIT Residence Program (2009) , “HOME AGAIN -10 Artists who have experienced Japan” at Hara Museum of Contemporary Art (2012) and participation in ARCUS Project 2014 Ibaraki Artist-in-Residece Program (2014).
Her artworks employ a fusion of media, including painting, installation, performance, photography, and video. Through dreams and illusions, she explores the meaning possessed by ritualistic and religious customs in society. She currently is working worldwide while based in Latin America.