PEOPLE

エルベ・アンベール
HERVé HUMBERT
artist

フランス出身のアーティスト、エルベ・アンベールはデザインや建築、美術史などに見られる既存の「古典」を再生産する。複製をつくる過程で彼は、対象物と対話し、原型から見えてくるものを手作業でなぞることを繰り返す。素材やサイズの選択、またディテールや文脈を置き換えることを通じて対象を読み込み、可能な限り全てを自身の手で制作する。そのようにして制作される「レプリカ」が、対象と同一に見えるのは初めのうちだけだ。作者の主観と固有の手つきから生まれる作品は、工業的に反復不可能な、唯一無二の存在となる。

French artist Hervé Humbert reproduces preexisting “classics” from design, architecture and art history. In his process of building a replica, he engages in a dialogue with the object, traces and manually repeats what is visible in the model. He interprets the precursor by his selection of materials and sizes, by transposing details and contexts, making everything, wherever possible, by hand. The replica is only identical to its precursor at first glance. It becomes an industrially unrepeatable unique through subjective perception and Humbert’s specific handwriting.