PEOPLE

星野 太
FUTOSHI HOSHINO
researcher

1983年生まれ。美学、表象文化論。東京大学大学院総合文化研究科博士課程修了。博士(学術)。現在、金沢美術工芸大学講師。著書に『崇高の修辞学』(月曜社、2017年)、共著に『コンテンポラリー・アート・セオリー』(イオスアートブックス、2013年)、『ソーシャリー・エンゲイジド・アートの系譜・理論・実践』(フィルムアート社、2018年)、訳書にカンタン・メイヤスー『有限性の後で』(共訳、人文書院、2016年)などがある。

Born in 1983, is a Lecturer of Aesthetics and Art History at Kanazawa College of Art. He received his M.A. (2007) and Ph.D. (2014) from the Graduate School of Arts and Sciences at the University of Tokyo. His publications include Rhetoric of the Sublime (Tokyo: Getsuyosha, 2017), The Sublime and the Uncanny (co-edited, Tokyo: UTCP, 2016), Diversities in Aesthetics (co-authored, Beijing: Social Sciences Press, 2013) and Contemporary Art Theory (co-authored, Tokyo: EOS, 2013). He has translated books and essays by continental philosophers such as Jean-François Lyotard, Catherine Malabou, Quentin Meillassoux and so on.