PEOPLE

ジェローム・シャゼックス
JéRôME CHAZEIX
artist

ジェローム・シャゼックスは1976年にフランスに生まれ、2000年からはベルリン在住。1994年から2002年の間に、サン=テティエンヌ大学(フランス)でファイン・アートを学び、卒業制作では『Gesamtkunstwerke(アートの合成)』を発表。1995年から2000年にかけても、サン=テティエンヌ芸術大学(フランス)でファイン・アートの学びを深め、同学校を卒業。2000年から2004年にはベルリン・ヴァイセンゼー芸術大学にてカタリナ・グロスに指示し、マイスターシューラーの地位を授与されました。幾つもの助成やアーティスト・イン・レジデンスに選ばれ、また国外でも作品を発表。 シャゼックスの作品はアートの現代的合成といえるでしょう(『Gesamtkunstwerke』)。彼の芸術作品は、異なるメディアを結びつけること、およびそれらの相互言及ということに着眼。作品およびその設置、環境、公演の要素としては、彫刻、映像、音楽、そして衣装を特に用いています。これらの分野の連携や融合が複雑なシナリオを生みます。グラフィックな汚染よろしく、演出はすべての空間の表面を包み込み、鑑賞者をそれらの世界に飛び込むよう誘います。

Jérôme Chazeix was born in France in 1976 and has been living in Berlin since 2000. Between 1994 and 2002 he studied Fine Arts at the University of Saint-Etienne (FR) and graduated with a thesis on Synthesis of the Arts («Gesamtkunstwerke»). Between 1995 and 2000 he in parallel pursued and graduated with a Diploma in Fine Arts from the School of Art in Saint-Etienne (FR). Between 2000 and 2004 he was a «Meisterschüler» under Katharina Grosse at the Berlin Weissensee School of Art. He has been selected for numerous grants and Artist Residencies, and exhibits his work internationally. Jérôme Chazeix’ s works are contemporary syntheses of the arts («Gesamtkunstwerke»). The focus of his artistic oeuvre lies in the combination of different media and their cross-references. Sculptures, videos, music and costumes are preferred elements of his artistic work and its installations, environments and performances. The interplay and the fusion of these disciplines results in a complex scenario. Like a graphic contamination, the staging envelops all surfaces of the space and invite you to dive into those worlds.