people

ジョン・カズナーヴ
JON CAZENAVE
photographer

ジョン・カズナーヴ(1978年サン・セバスチャン生まれ)
デウスト大学経済学部で学び、2001年学位取得。金融業界に5年間身を置いた後、写真を学ぶためバルセロナに移住(2006)。
カズナーヴは、現代世界の側面を捉え、記録する手段として、ドキュメンタリー写真を撮るようになりました。オスロで開催された第1回マグナム・ワークショップの参加者の一人に選ばれた後、ペップ・ボネット、クリストファー・アンダーソン、パオロ・ペレグリンの下で研究を完成させることにしました。
それ以降はガレルナ(GALERNA)と呼ばれる長期的な調査プロジェクトを推進しています。この作品は、現代の創作と密接に関係している文化の象徴やシンボルを用いて、人類学的視点からバスク地方の特異性と美的感覚に焦点を当てています。

He receives his B.A. in Economic Sciences from the University of Deusto in 2001 and, after working for 5 years in the finance world, he decides to move to Barcelona to study photography (2006).
He began deepening in documentary photography as a mean to capture and register the contemporary world and decided to complete his studies with Pep Bonet, Christopher Anderson and Paolo Pellegrin, after having been selected to participate in the first Magnum Workshop taking place in Oslo.
Since then, he has been developing a long-term research project called GALERNA. This work phocuses on the idiosyncrasy and aesthetics of the Basque Country with an anthropological perspective, using the cultural sign and symbol in close relation to the contemporary creation.

GALERNA009

GALERNA116

GALERNA070

GALERNA085

 

GALERNA180

 

ACTIVITY

[トーク] ジョン・カズナーヴ
[TALK] Jon Cazenave

作品を展示中のジョン・カズナーヴによるアーティスト・トークを開催。これまでの約10年間に及ぶ写真家としての活動や、今回の作品についてお話しました。スペイン北部とフランス南部の間にある自治州、バスク州出身のジョンは、自分の原点を求め、山や海、洞窟などへ出かけ写真を通じた制作やリサー・・・ more