PEOPLE

カミール・タタラ
KAMIL TATARA
artist

1981年生まれ、シュチェブジェシン(ポーランド南東部)出身。トルン(ポーランド中北部)のニコラウス・コペルニクス大学にて美術を学び、2006年にドローイング・メディアの修士号を取得。近年ではペインティングやドローイングなどのより芸術らしい形態を用いた作品制作が主。映像やインスタレーション、オブジェなども表現方法の一つとして取り入れる。

《Sentences Series: 提示される言葉たち

(インターネット上で見つけた映像を切り取り海外に落とし込んだもの)》

—普段、自身のスタジオにて制作しながらも、制作プロセスとして外へ出かけ、そこにいる人たちへの観察や、本などを通じて、人間らしさを支える要素を見つけていく。

《Exodus Series:移ろう人びと

(移民やテロなどを契機に生まれたヨーロッパにおける問題に着想をえたアート作品》

社会、歴史、文化、生活における政治的一面、これらと繋がりを持つあらゆることを浮き彫りにする試み。

《GMCC Series: Google Maps Color Code

(今回の展示作品。水戸街道の千住宿から水戸宿まで20の宿場町を自身の足で訪れ、そこで見つけた風景を描く。浮世絵を参照としA4サイズで展開、また初の試みとしてセルロイドフィルムと紙を用いて制作。)》

概念的なものと結びつけながら、純粋な芸術を模索していくことに重点を置く。

以上の作品シリーズ等を制作しながら、アーティストであることを終わりのない調査・研究と捉える。これまでに韓国(ソウル)、イギリス(バーミンガム、ロンドン)、ドイツ(ゲルリッツ)、ポーランド(クラクフ、ポズナン)にて作品を展示。

I was born in famous Polish city of Szczebrzeszyn in year 1981. Studied Fine Arts at Nicolaus Copernicus University in Torun. Mastering in 2006 in Drawing Media. Durning years of practice I decide to stay close to more classical forms of art like painting and drawing but also, I use video, installation or object as a way of expression. I usually create my artistic work inside my own studio, but I’m going outside for creative process by watching people around, reading and studying human condition. (Sentences Series) Everything that is connected to social, history, culture, politics aspects of life (Exodus Series). But simultaneously in same time extremely important for my is studying and exploring pure artistic path not related to anything except conceptual issues (GMCC Series). I feel like been Artist is permanent state of research. Some of my latest works was exhibited in Seoul – Korea, Birmingham, London – England, Gorlitz – Germany and Krakow, Poznan – Poland.