people

加藤優一
YUICHI KATOU
architect

1987年生まれ。東北大学大学院博士課程在籍。

震災後のまちづくり・施設計画における、産官民学連携の組織づくり・計画プロセスに関する研究と実践。宮城県内の自治体にインターンシップやアドバイザーとして参加し、公共施設再生に向けた調査・計画・設計者選定支援、ワークショップの企画運営などに携わる。

Architectural Researcher. Born 1987. Currently a Ph.D. candidate at Tohoku University, he researches ways in which government, businesses, academia, and public citizens can work together during the post-disaster urban planning process.