people

クリストフ・トラッカー
KRISTOF TRAKAL
artist / filmmaker / writer

ベルリンとロサンゼルスを拠点とするアーティスト、作家、映像作家。リサーチを元にその土地ならではの作品を制作する演劇集団「Occult Acting Group」主宰。また、ベルリン拠点のリサーチ集団「Neoliberalism Study Group」のメンバーでもある。作品を制作するプロセスも重視する彼の作品は、しばしばコラボレーションや一般参加者を募りおこなわれる。過去作にはインスタレーション作品「The Power House」「OAG Recruitment Casting」、コンセプチュアル・インスタレーション「theme park of death」「radical privacy」、映像作品 「the Jaw」などがある。
近年は「Preparations IV」にて、社会からドロップアウトしてしまった人の為に社会復帰を促すトレーニング映像教材を制作するグループに注目、映像プロジェクトを進めている。また、「Archaeotourism」ではメキシコ、グアテマラ、東部ドイツでの考古学(Archaeology)と旅行(Tourism)の関係性についてのエッセイフィルムを制作している。

 

Kristof Trakal is an artist, writer and filmmaker, who lives in Berlin and Los Angeles. Trakals process-based work is often collaborative and participatory. Trakal has worked in the past on participatory installations (The Power House, OAG Recruitment Casting), conceptual Installations (theme park of death, radical privacy) and video pieces (the Jaw).
Trakal is founder of the Occult Acting Group – a research-based site specific acting group and member of the Neoliberalism Study Group – a Berlin-based research collective on the impact of neoliberalism.
Currently Trakal is working on the narrative feature film project Preparations IV, about a group of video tutorial makers training  for a society drop-out and the essay film Archaeotourism about the relationship of archaeology and tourism in Mexico, Guatemala and East Germany.