PEOPLE

高橋麻理絵
MARIE TAKAHASHI
musician

ビオラ、バロックビオラ奏者/即興演奏家。1985年札幌市生まれ。
武蔵野音楽大学、マンハイム音楽大学院、フランクフルト音楽大学院(古楽科) 卒業。
日本、ハンガリー、フランスでのオーケストラの経験後、現在室内音楽家•即興演奏家としてドイツ、ベルリンに拠点を置く。バロック楽器による古楽演奏から現代曲の初演、ヴィデオ芸術家やダンサーとの共同創作など、幅広く活動している。2017年に開始した即興演奏活動の成熟・発展が近年は著しく、自主企画によるヨーロッパ・ツアーやコンサート・シリーズの主催(Les Tomates Amplifiées , Motif Notturno) を含む独創的で色
彩豊かなプログラムを提案する。
主なプロジェクトとしては
I’m Not Yours (viola, cello, piano)
Morpheme (viola, modular synthesizer , live video)
Improvisations ( viola, break dance)

Lamento daydream (viola, voice/poem/movements) などが挙げられる。

Marie Takahashi, modern and baro que violist, improviser was born in Sapporo, Japan, in 1985. Marie has studied in Japan, France, and Germany. She was a member of orchestras in Japan, France and Hungary(festival) but her curiosity and passion for small ensembles led her to become a chamber musician. Her ensembles vary from period string instruments duo to quartet including live electronics. She is also active in collaborating with visual artists such as VJs, painters, photographers and film makers.

photo : Cristina Marx