PEOPLE

マテーオ・ビエ
MATTEO BIELLA
artist / visionary architect

私は架空の建築家として、従来の考え方や固定観念、独断主義を大胆に覆し、「今話題の」建築理論を用いた新たな視点を提供したいと思っています。またアーティストとして、建築的視点による調査で発見したものを再構成し、アート作品を作り上げます。それは自身の立ち位置を表明すると共に、領域横断的な議論を生み出すでしょう。
私の作品は「遊ぶ」 ためのおもちゃやゲームのようなものであり、各作品が有する複雑で意味を持った複数のレイヤーは、 「遊び」の時間によって剥がれ、失われていきます。
私の制作におけるキーワードの一つに、「リサイクル」があります。使用済みの素材には、それぞれ独特の物語が与えられており、私の作業はその特別な可能性を追憶していく試みと言えます。ショートステイプログラムの間、まず最初に”意表”という概念を研究する予定です。それは日本の建築家が設計の段階で使用する、人々の予想を超えた建物をデザイン可能とさせる、目に見えない働きのようなものです。さらに、建築家の「業」 や 「設計の細工」 を学び、自身の作品を形成する 「工作手段」 として活用していきたいと考えます。

 

As a visionary architect I want to defy conventional thinking, subvert stereotypes, reverse dogmatism and offer a fresh perspective on today’s architecture ‘hot’ topics.

As an artist I re-elaborate the findings of my architectural researches and crystallize them into artworks, bringing forth my standpoint and fostering interdisciplinary debates.

I conceive my works as toys or games to ‘play with’: the various layers of complexities and significance embodied within the artworks get gradually peeled off while ‘playing’ with them.

Recycling is key in my practice. I regard used materials with an extra potential, granted from their unique history that I strive to keep memory of.

During my short stay at PARADISE AIR I will initially research on the notion of ‘ihyou’ (意表), that invisible force used by some Japanese architect in their design process to design buildings that are able to shift user’s expectations in the attempt to create something unexpected.

Afterwards, I want to learn about ‘architecture sleight’ and ‘design tricks’ consciously used by architects during their design process and use them as ‘design tools’ in my artistic design process to shape my artworks.