PEOPLE

サラ・リーバ・ムーア
SARAH REVA MOHR
artist

 
サラの作品は、抽象的なグラフィックの中に埋め込まれた関連するイメージの探究に焦点を当てている。ヒトの身体や動き、形状や言語といった主題を、意外な角度からの視点で表現し、彼女世代の社会的な要素を映し出す分野としての視覚的言語の中に、多様な形の通信を融合させる。日々の視覚文化の中で外国や習慣などからヒントを集め、分析的な姿勢に加えて特定の地域に依存した言葉を発見・反映し、すべての関連部分が媒体内での対話を形成する。
色彩の使用を最小限にするという明確な好みで、作品へのアプローチは形状に最大限の自由を与えるものになっており、解釈が自由であれるようにと、概念的な絵に含まれる要素すべてが一定の平等を確保するよう気が配られている。

 

The focus of Sarah Reva Mohr’s artworks is the ongoing search for as­sociative imagery which is placed within the context of abstract graphics. Providing an unusual look at topics such as the human body, move­ment, shape and language, various correspondences are combined within a visual language as a field reflecting the cultural aspects of her time. Gathering inspiration from foreign countries and habits within daily visual culture, she is discovering and reflecting specific location-dependent vocabulary in addition to an analytic attitude, all relevant parts form a dialogue within the medium.

With a clear preference for minimalist use of color, the approach concentrates on giving as much room as possible to the shapes and ensuring a certain equality between all elements in the conceptional picture leaving it totally open for interpretation.