people

トーマス・ハイランド
THOMAS HYLAND
filmmaker

トーマス・ハイランドは、オーストラリアのタスマニア州にある都市ホバートのアーティストで、映像作家。ハイランド初のメジャー作品『Just Passing Through (ただの通りすがり)』は、2013年にブルックリンアート映画祭でプレミア上映され、その後オーストラリアのSBS/スタジオTVチャンネルにて放映されました。
また、アーティストとしても、人気のラジオチャンネルTripleJに「新進気鋭のアーティスト」として選出されたり、APRAアワード(オーストラリアの著作権管理団体が主催する音楽祭)に2度ノミネートされたり、MONA(Museum of Old and New Art/古典と現代の美術館)のオープニング・イベントでパフォーマンスを行うなど活躍しています。
2016年10月の現代アートのイベント「Unconformity(不整合) Festival」では、最新の映像作品『How to see through fog(霧の向こうを見る方法)』が上映され、その後オンラインサイトThe Guardianにて配信されました。現在オーストラリア・メルボルン州を拠点に、フリーの作家・制作スタジオCommoner(庶民)の監督として、また自身が率いるスタジオClones&Clones(クローン&クローン)と共に創作活動を行っています。

Thomas Hyland is an artist & filmmaker from Hobart, Tasmania. His first major film work, Just Passing Through, premiered at the Art of Brooklyn Film Festival in 2013 and was later released by SBS / Studio TV.


As an artist Thomas has been selected as a Next Crop Artist for Triple J, been nominated for two APRA writers awards and performed at the opening of the Museum of Old and New Art (MONA). His most recent film, How to see through fog, premiered at The Unconformity festival in October 2016 before premiering online via The Guardian. Now based in Melbourne, Thomas works as a freelance writer & director with creative production studio, Commoner as well as creating work with his own imprint, Clones & Clones.